アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

大企業にも転職できる!障害者が選ぶオススメの仕事とは?障がいに見合った資格を選ぶ。転職活動の注意するポイント

転職







大企業の障害者雇用は2020年では45人に1人が「障害者の雇用」が義務付けられています。障害がある人が転職することは難しいんではないか?と考える人もおおいのではないでしょうか。こんかいは身近に障害がある親族や、仕事の選びかたに悩んでいる人にむけた記事になっております。

アドセンス 記事内

大企業が障害者を雇用する義務

車椅子に乗った少年
脳麻痺患者と女性

前略のように近年では(2021年)障害がある人でも就労することが容易になってきています。1976年には障害者率は1.5%ほどでした。この年には障害者雇用促進法が改正された年でもありますね。

  • 身体障害者の雇用を「努力」から「義務」へ
  • 法定雇用率の強化(1.5%)
  • 雇用納付金制度の制定

1976年では、障害者が「働く」ことを認められはじめた年とも言えます。

工場の怪我や労災認定されたときには「障害者手帳」を申請する人もいます。障害者手帳の申請については以下をチェックしてみてください。

精神障害者の雇用が認められた

障害者手帳
障害者手帳

むかしの場合は障害者でも精神障害者の雇用については就労が難しかったのですが、1998年では「知的障害者」の義務として改正されることができました。

そして2018年には「精神障害者」の雇用も義務化され、健常者と差別がなくなってきました。また障害者にはデメリットも多くあります。近年ではデメリットを活かした生活の基盤を作ることもできますね。




障害者が選ぶ仕事とは?

障害者にあった仕事とはどのようなものなのか?身体に障害がある場合では、障害の場所によってはできない仕事があります。例えば、大工さんや肉体労働をメインにした労働条件の仕事には適しません。

障害者にあった仕事は、無理なくできる労働条件がないとできません。多くの場合は事務作業であったり、クリエイティブ関係や軽作業などがあげられます。

主な仕事

  • 事務職
  • システムエンジニア
  • デザイナー
  • 工場内作業
  • コールセンター
  • 清掃員

これらのような仕事は人気が高く、自分の障害にあった仕事を選びやすい傾向にあります。職場によって勤務する内容などもことなりますが、大企業の障害者雇用では比較的に収入も高くなってきます。




障害者が取得しておくべき資格とは?

近年ではリモートワークや、Web系の仕事がふえておりパソコンを使った資格取得が人気が高いです。身体に軽度の障害があっても、事務職などは自宅でできるため就職にも強くなります。

身体障害の場合はパソコン作業に支障をきたす人もいますが、片手でPCを利用している人も多いためデザインや簿記などの資格もオススメです。

また自宅でできる仕事としては動画の編集やイラスト制作といったものもあります。少ないテロップを入れたり、写真の加工など簡単なものから初めてみるのも良いでしょう。クリエーターの魅力としては「仕事する時間」を自分で決めることができるので、睡眠や起床などで縛られることはありません。

気になる人は「クリエイター」の資格を取ってみるのありですね。



障がい者のための転職サイトで求人を探してみる

転職活動で悩んでいたり、キャリアチェンジしたい気持ちは健常者でも障がいがあっても関係ありません。人間関係や仕事の内容であったり「悩み」はついてくるものですね。

転職するさいは障がいがあるから、仕事が見つけづらい?と感じている人も多くいます。しかし2020から2021年にかけて大きく変化しました。

時期計算式雇用義務数
2020年4月現在175人×0.022=3.853人
2021年~175人×0.023=4.0254人
障害者雇用義務数

障害者を専門の求人では、大企業が「雇用を満たす」ためにさまざまな職種の求人があります。ハローワークや知り合いの仕事では見つからなかった珍しい仕事など、見つけてみるのも良いかもしれません。

障がいの等級によって転載されている求人もあり、面談から入社後のサポートまでしっかり力を貸してくれるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました