【厳選】美容事を辞めた理由〔あてはまる言葉〕その転職先は!?

女優Blog
アドセンス インフィールド

こんにちは。なおやblogです。美容師を経験した4年間の実際の出来事を執筆していきますね。美容師って給与も少ないし…。お休みも少ないし…。苦手な先輩いるし…。悩んでる。美容師から転職するベストな職業があります。今回はそんな仕事をご紹介していきます。

  • 接客から会社員に転職したい
  • 美容師を辞めたい
  • ひとりでフリーランスの美容師になる

こんな悩みについて解決していきたいと思います。

1986年生まれ。
栃木県国際テクニカル美容専門学校を卒業。
avex artist academy に通う。

音楽と出会ってクリエイティブ制作をはじめる。

wordpress、seo、Webライティング、動画編集、音楽制作(DTM、弾きかたり)筋トレを中心にBlog発信

2020年Amazon Kindleにて電子書籍「ヤンキー育ちから海外を目指す生き方」を出版

naoyaをフォローする
アドセンス 記事内

美容師の人間性!美容師をやめた理由と転職先

美容師の共通点が多いのがこの3つです。お客様に自分の技術を、提供するお仕事なので、割と我が強く個人の主張が強い人が多いです。そのため、美容師という職業に嫌気がさしてやめてしまう人が多いです。

  • 個性が強い
  • 他人との差別化が好き
  • 発想や表現が豊か

そのため、お店やオーナーとの衝突も多くぶつかり合うケースも日常茶飯事です。辞めた美容師からの転職にはオススメの職業があります。一つ目は「フリーの美容師」です。現在は個人のスキルのみで雇われない働き方が主流になってきました。フリーランスの美容師は休みも選べるためストレスを受けづらいです。

もう1つは営業や、販売員の仕事です。美容師の特権は「接客のレベルの高さにあります」1日に数十人や数百人といったお客さんとのコミュニケーションをとるため、瀬接客レベルは高いため、面接でも優遇されやすいです。

美容師は残業が出ないブラックが多い

美容業界の”あるある”が時間の拘束です。強制的にさせられる場合も少なくありません。多くは以下の3つが要因に当たります。

  1. 自主練習で夜中までお店にいる
  2. アシスタントは朝練をする
  3. 営業終了後に先輩のカラーやカットに付き合う

これは美容師ではなくても、ネイルサロンや、まつげエクステ、エステティシャンなど美容業界でもあります。2020年では少しずつですがブラックは減ってきましたが、まだまだ地方では存在してます。少なくてもブラック企業はすぐにでもやめることをオススメします。

美容師や接客業はお休みが少ない

販売員や接客業などはどんなジャンルでも、お店を経営すると売り上げに直結してしまうため”休み”が少なくなってしまいます。経営者の視点でスタッフの働きかたを尊重してくれる求人を探すのも大変です。接客業あるあるですね。

  • 月に6日(年間80日)
  • 有給消化ができない
  • 売り上げに直結してしまう

休日が少ない仕事はストレスの原因になります。身体面でも精神面でもケアが必要になります。プライベートの時間が少ない場合がこれに当てはまります。プライベートの時間が少ない場合は負担が大きいため長期で勤めることはオススメしません。

美容師が稼ぐ一生のお金

美容師の平均年収推移

美容師の平均年収が302万円と言うデータがあります。20歳から65歳まで仕事をした場合、一生で稼ぐ収入が1億3千500万になります。

サラリーマンの生涯賃金が2億円なのに対して少ない収入になります。

  • お金よりやりたいことやる?
  • お金は2の次だ?

実際の結婚生活や子育てを考えたら厳しいのが現実です。きちんと人生プランを検討し早く違う人生設計をすることをオススメします。

美容師オーナーにならないと子供は育てられない

前略でもあったように、スタッフとしていくら売り上げが上がっても賃金には限界があります。地方では30万円稼ぐスタッフはほぼ皆無に等しいです。

  • 店長クラスでは難しい理由
  • 加入年金が乏しい

売り上げの収益はオーナーや経営にいくために、技術よりも個人の経営学を勉強していく時代がやってきます。そのときに戦える「個人のスキル」が必要になります。個人のスキルは経営のスキルになります。経営のスキルは、勉強して学ぶよりも経験も大切になります。大切なのは行動力でもあります

美容師はやめたくない[フリーの美容師]

フリーの美容師は経営者と同じ視点で物ごとをみていかなければなりません。その時に必要な物は融資(借金)の部分です。

新規でお店を出店する場合は銀行から融資をしてもらったり、貯金をはたいてお店を出す考えの人がいます。しかし2020年のこの時代にあげられるデメリットが多すぎます。理由は少子化で人間が減る→お客さんが減ることになります。

  • フリーの美容師になる
  • 老人ホームや病院に訪問する
  • 顧客のみに執着する

高齢化が進み、介護業界や、医療機関が好況になります。

そのため店舗を借りたり、土地を購入することはデメリットになりやすいです。

資産価値は減っていき、人工も減少することは売り上げは下がっていくことになります。そのデメリットを解消してくれるサービスが委託やフリーランスのです。

土地やお店を持たないために借金をしない事が大きなメリットと言えます。どうやって行動すればいいかわからない。そんなフリーランスの独立を手助けしてくれるサービスがあります。フリーランスになりたい人や独立したい人は一度相談してみることをオススメします。

美容師から企業に転職する[メリット]

私が接客業から企業に転職してみて、一番感じたことは時間とお金が増えたことですね。ほんとそれだけです。ただ時間は本当に増えました。

こうやっておやすみの日にBlog更新したり、趣味の時間を増やしたり、本当にメリットは多いですね。

  • ボーナスがある
  • 年間120日以上の休み
  • 退職金がある

会社員のメリットはこの3点です。企業に入るデメリットは存在しますが、美容師にはないメリットが豊富に存在します。

接客業から技術を活かして転職する

今までのスキルや経験値を活かせる仕事探し

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は美容師を辞める理由あるあるを記事にしてみました。かれこれ4年間美容師を続けてきましたが、私のお店はあんまり人間に恵まれていなかったので。同じ悩みが人が多いです。少しでも悩んでいる人の道を手助けしていけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました