コロナ第2波はもうすぐ… 「きょうの感染者」から考える対策

空港これからの日本
アドセンス インフィールド

2020年の2月から新型肺炎コロナウイルスが流行しました。

たくさんの死者数を出したコロナウイルスですが、東京でも第2波が近づいてきました。

2020年6月24日現在では、東京の「きょうの感染者」は55人になりました

自粛解除とともにたくさんの人が外出するようになり、東京では夜の繁華街での感染者が多くなりました。

主にホストクラブでの集団感染。そして感染不明の謎の発言…. 本当は感染経路を知っているのか疑問に思いますね。

アドセンス 記事内

海外旅行客の増加に対する不安

世界中では、コロナウイルスの影響でたくさんの人が自粛することにより「旅行客の減少」から大きなダメージとなりました。

例えば航空業界です。ANAやJALといった日本の旅行客は回復の見込みがありません。

原油価格がとんでもないことになりました。

世界中で「外出」をしなくなったために、ガソリンや、軽油、飛行機の燃料などが余ってしまいました。

現在でもコロナウイルスによる「新しいワクチン」の開発はされておらず、感染を拡大させるばかりです。

海外旅行客の減少

国内旅行客の減少

飲食店の売り上げ低下

接客業に足を運ぶ顧客の減少

オンラインの普及による店舗の激減

上記の内容はコロナウイルスによって人間が大きく変わった出来事ですね。

新ワクチンができたとしても、多くの人は「感染」を抑えるために外出する回数は減っていくと考えられます。

例えば高齢者は感染した場合のリスクが高い「死亡率」という結果があります。

コロナウイルスの感染を防ぐためにも、外出を控えることは確実です。

コロナウイルスに感染した場合、高齢者は比較的に高確率で死亡してしまうからです。

アメリカ、中国、ヨーロッパからの旅行客に対する不安

日本の阿部首相は、6月下旬からベトナムの入国制限の緩和し再開する考えを示した。

もちろん入国のときにはPCR検査を行うが、無症状患者なども多くいるコロナウイルスにはどこまで防ぐことができるか不安がある。

日本の経済を回復させるためにも、経済を再会するために旅行客の受入を同時に行っていくことが必要になる。

例えばアメリカや中国などの多くの感染者がいる旅行客がきた場合、コロナウイルス第1波のような旅行先での感染拡大は可能性として非常に高い。

コロナウイルス第2波がきた場合に対処しておくべきこと

コロナウイルスが流行した2月から5月は「物資」が不足しました。主にマスクやトイレットペーパーなどです。

コロナウイルス第2波に備えて前もって買い溜めをしている人も多いだろう。コロナウイルスが蔓延したときのための「転売目的」だ。

メルカリや、楽天などでも悪質な転売行為が話題になりましたが、コロナウイルスがまた流行した場合、悪徳業者が増えるのは目に見えています。

ここで対策しておくべき注意点は高値で購入しないこと!!

余裕があるときに大切な商品だけ!このようなイメージで行動することが大切です。

マスク商品はたくさんの企業が商品化しているために「洗えるマスク」があるために何度も使えます。

中国産の物を買う必要がありません。

日本がマスクを商品化した企業は以下のとうりです。

シャープ

ユニクロ

パナソニック

トヨタ自動車

誰もが聞いたことがある大企業ばかりですね。

大手企業の商品は人気が高いために売り切れている場合がほとんどです。

手に入れるチャンスがあればゲットしておくことをオススメします。

コロナウイルスを退治するアルコール

コロナウイルスが蔓延しても、第1波のような大流行まではいかないケースが高いです。

理由は3密をさけ、マスクやアルコール除菌を促すお店が増えているからです。

飲食店や、コンビニ、スーパー、電車などでアルコール除菌を政府で対策を進めています。

ドアノブや、共有物などは比較的に厳重に対策しています。

会社や学校などでも感染を防ぐためにトイレの仲間で除菌されていますね。

アルコール除菌は、コロナウイルスの感染率を低くしてくれます。

オフィスや公共施設で活躍してくれるので、コロナウイルスが流行する前に準備しておくことがベストです

結論・まとめ

コロナウイルスに対する不安は5年や10年のスパンで解決されることはないですね。2011年の3.11のときのように「心に傷」をおったまま時間が流れていきます。

大切な人の存在をなくした人の多くは、深く考えているので一人ひとりの行動で日本が変わってしまいます。

コロナウイルスの第2波がきても万全の対策を取れるように「正しい判断」をすることが解決への近道ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました