アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

高卒の工場から転職したい人必見!IT企業やWEB業界への進み方

外部モニター転職






高卒の工場から転職したいと考えている人も多いのはないでしょうか?製造業に対する「不満」や「不安」といった将来的なスキルを学べないといった意見があります。近年ではパナソニックやリクシルといった大企業の早期退職やトヨタの終身雇用のストップなど工場で働く人の未来に不安を抱えている人が多いのが現状です。

今回は高卒の工場からIT企業やWEB業界転職できるのか?そのために必要なスキルや転職サイトの選び方など記事にしていきます。




アドセンス 記事内
  1. 高卒の生涯年収
    1. 高卒の出世には制限がある
    2. 現在45歳くらいですと、すでに「学歴社会」と呼ばれている時代ですから 大手企業などで管理職(課長から部長へ)などはないと思います。 それよりさらに20年くらい昔の学生さんでしたら 現在は60~65歳くらいですから 課長・部長になっている人もいるかもしれませんし 年収も45歳で800万円くらいは普通にあったと思います。(実際に上場企業のいくつかで 給与明細を見せてもらったことが何度もありますので) 現在は高卒の場合は 管理職になれないコースか、あるいは小さな会社の管理職 あるいは特別な業界であることが多いと思います。 その場合ですと年収800万円もいることでしょう。 また給料というのは業界による相場で40代が400万円台の業界もあれば 800万円台の業界もありますので 本来は業界を特定して比較しないと、あまりにも差がある話なのです。 技術屋さんは独立することが可能なので そういう意味では小さな会社を経営して年収を高くしている人も多いですし 個人事業主として年収を稼いでいる人もいると思います。 どうしても管理職になりたい というのなら小さな企業に入っていけば 学歴での足切りもなく仕事を任せてもらえると思いますよ。
  2. 高卒の製造業はデメリットが多い
  3. 工場からいきなりIT企業やWEB業界は難易度が高い
  4. 高卒でも転職可能なIT、web業界とは?
  5. 転職するなら資格orスキルは必須
    1. 未経験からプログラミングを学ぶ
    2. サイト制作をしたい人がはじめる事
    3. 写真を加工が好きな人
    4. キャッチコピー、ライティングを学ぶ
  6. 転職するなら「在職中に面接」の回数をふやす
  7. まとめ

高卒の生涯年収



高卒の生涯年収は低いことで知られています。大学を卒業した、初任給をくらべても2万円から3万円ほど違います。

年間でも24万から36万円ほどのさがあります。そのため、高卒の生涯年収も大学卒にくらべると大きく差がひらいてしまいます。

高卒の初任給/給料について解説」でご紹介していますが、2020年度の高卒の初任給は16万9687円です。 16万円程度が基本で、都道府県や職種によってもやや変わってきますが、ほとんどが15~17万円代です。 高卒の初任給の平均は、そこまで大きくは変わらないと考えてよいでしょう

就職カレッジ





高卒の出世には制限がある



製造業や事務作業などの昇給には、高卒にもは限界があります。製造業の場合では班長や係長といった業務でとまってしまい、それ以上の課長や部長クラスになるには大卒の資格が必要になります。


Yahoo!知恵袋の内容についてみていきましょう。

現在45歳くらいですと、すでに「学歴社会」と呼ばれている時代ですから 大手企業などで管理職(課長から部長へ)などはないと思います。 それよりさらに20年くらい昔の学生さんでしたら 現在は60~65歳くらいですから 課長・部長になっている人もいるかもしれませんし 年収も45歳で800万円くらいは普通にあったと思います。(実際に上場企業のいくつかで 給与明細を見せてもらったことが何度もありますので) 現在は高卒の場合は 管理職になれないコースか、あるいは小さな会社の管理職 あるいは特別な業界であることが多いと思います。 その場合ですと年収800万円もいることでしょう。 また給料というのは業界による相場で40代が400万円台の業界もあれば 800万円台の業界もありますので 本来は業界を特定して比較しないと、あまりにも差がある話なのです。 技術屋さんは独立することが可能なので そういう意味では小さな会社を経営して年収を高くしている人も多いですし 個人事業主として年収を稼いでいる人もいると思います。 どうしても管理職になりたい というのなら小さな企業に入っていけば 学歴での足切りもなく仕事を任せてもらえると思いますよ。



従業員が1000人以上いる企業では、課長や部長は年収1000万の所得を目指すことができますが、高卒になると難しくなります。

高卒の製造業はデメリットが多い



高卒の製造業では現場作業や、流れ作業の場合がほとんどです。そのため「交代勤務」などがおおく、睡眠障害などのリスクもあがります。

製造業はおもに機械を使い、騒音や空調なども懸念されます。騒音環境にいる時間がながいと聴覚がわるくなったりするデメリットも存在します。


製造業のデメリット

  • 騒音問題
  • 匂いなどの異臭
  • 24時間稼働業務

交代勤務などは手当がある分、肉体的には長期的にリスクがふえてしまう労働環境と言えます。


工場からいきなりIT企業やWEB業界は難易度が高い



工場勤務からITやWEB業界にいくには難易度が高いです。IT企業の場合はパソコン業務が大半なため180度ちがう職種になります。

パソコン業務には「理系」を求めている企業がおおく、データ集計や解析、分析など数字を求められます。

工場からいきなりIT企業やWEB業界はむずかしいため、転職までは準備が必要になります。



高卒でも転職可能なIT、web業界とは?

高卒から製造業に就職しても、IT企業やWEB関係の仕事もあります。理系のスキルを使わない企業もおおく、転職まえに調べる必要があります。

高卒からIT、web転職に行きやすい仕事

  • 簡単なプログラミング(サイト制作)
  • 写真の加工
  • キャッチコピー、ライティング


細かいわけるとたくさんあるので3つほどご紹介していきます。上記の3つはネットで買い物をする需要が高まり、人材を求めている企業がおおいため就職がしやすい会社と言えます。



転職するなら資格orスキルは必須



ノースキルのまま製造業を退職しても、就職は難しくなります。そのために在職中に独学でスキルをあげたりオンライン資格を受講するなどすることをオススメします。

未経験からプログラミングを学ぶ

高卒でも「理系」を問わないプログラミング言語もたくさんあります。例えばJavaScriptなどの言語には数式などが必要になりますが、HTMLやCSSなどの言語は英数字を覚えることでプログラママーなどとしてサイト製作することができます。

ウズキャリーは「ITエンジニアへの就職サポートを目指す人に向けた特化型就職サービス」として就職に困っている人のサポートもおこなってるため、独自で転職活動をするよりも良い企業を見つけることができます。

公式サイト:ITエンジニアの就職なら【ウズキャリIT】

サイト制作をしたい人がはじめる事

サイトを制作を行いたい人はHTMLやCSSのコーディングなどからはじめて、ポートフォリオを作ります。サイト制作はワードプレス(無料)で初める事ができます。



ブログなどを作って、広告収入などにすることもできますが、サーバーやドメイン(有料)を契約することで、ECサイトを作ったり企業のホームページ制作などの作り方を学ぶことができます。


写真を加工が好きな人


ホームページに関わる仕事のなかでも「写真加工」は重要なポジションになります。写真は商品を紹介したり企業のホームページを見やすくするなど、世界でも需要があります。

写真の加工にはさまざまな機能があり、リタッチや文字入れなど細かな作業があるため専用のソフトを使用します。

専用のソフトはAdobeのPhotoshopがおすすめです、日本の企業の80%はPhotoshopを使っているため独学で学んだだけでも欲しい人材として選ばれやすいです。

AdobeのPhotoshopは有料になりますが、将来的には強いスキルといえます。またオンラインなどで学べるためチェックしてみる価値ありです。

Adobe: Adobe通信で受講する


キャッチコピー、ライティングを学ぶ

キャッチコピーやライティングは企業のなかでも重宝されます。企業の説明文や商品の紹介文によって「人を動かす」ためこれからの将来では需要があります。

ライティングやキャッチコピーは大卒の資格は必要ないため、独学やブログ、SNSなどを利用して企業にアピールすることができます。

ライティングには文章を書く意外にも「セールスライティング」があります。主にWEBの文章(横書き)を学び、構成を考えたりすることで「縦書き」にはない文章を構築します。

転職するなら「在職中に面接」の回数をふやす

高卒の製造業からITやweb業界に転職するには、学歴ではアピールすることができません。

高卒のあなたと面接する意味を知る必要があります。

企業がなぜあなたに「うちの会社で働いて欲しいか?」

これを理解する必要があります。

あなたが入社したい会社の求めるスキルを学び、どのようにアピールするかが大切になります。

高卒からの転職は、面接の回数で決まるといわれるため、就業中にたくさんの会社に応募することからはじめます。

面接で得られるメリット

  • どんな人材を求めているかわかる
  • 面接に聞かれる事がだいたいわかる
  • 面接がなれる為、緊張しなくなる
  • ビジネスの市場がわかる(忙しい業界)



これらのように、面接で受かっても断ることもできます。就業中であればIT業界やweb業界で、どのような人材が必要かを知ることができます。

転職サイトは「工場からの転職」や「高卒からの転職」などにつよい転職サイトを利用することをオススメします。マイナビ転職はクリエイターとしての転職求人が豊富です。

公式サイト:【マイナビスタッフ】



学歴を求めない企業は、賃金が低いところからスタートするデメリットがありますが「スキル」や「資格取得」の援助があったりするので、再転職にも役立ちます

また地方では求人が少なく希望する求人がない人のために、上京を考えているひとは「転居初期費用」がかからない転職サイトなどもあります。無料のカウンセリングがあるので試してみる価値ありです。


まとめ

いかがだったでしょうか。今回は高卒からの転職について記事にいたしました。大学にいく資金の余裕がない人や、勉強が苦手な人でも転職先はたくさんあり、資格やスキルを学ぶことで転職活動を有利にすることができますね。

これから転職を考えている人の参考になれば幸いです。

ご愛読ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました