フランスで1位!水で落とすクレンジング【口コミで話題のスキンケア】

女優ファッション
アドセンス インフィールド

SNSで話題になっているビオデルマのスキンケア。なんと世界で2秒に一本売れている人気商品。今回は水で落とすスキンケアについて記事にしていきたいと思います。この商品を知ったきっかけは、ファンデーションを落とす際に強く擦り過ぎてしまうためににインスタで調べたのがきっかけです。

ともちゃん
ともちゃん

刺激に弱い敏感肌だけど、荒れないの!?

美沙子
美沙子

まつエクしてるんだけど、落とすのに時間がかかる

エステ
エステ

化粧直しにも使えるクレンジングはないの!?

水クレンジングの特徴は油性分と違って優しく洗い落とします。落とした箇所に潤いを与えて、さらに水分補給します。

化粧をしたまま「寝落ち」なんてことも少なくありません。そこで今回はクレンジングについて記事にしていきます。

この記事の信用性

・化粧品の販売経験4年

アドセンス 記事内

敏感肌でも大丈夫?肌に優しい理由

エステをする女性

一般に市販されている化粧水は「肌の相性」が悪い場合があります。その結果、肌が「赤み」をおびてしまったり、ヒリヒリすることも少なくありません。しかし水で落とすクレンジングの最大のメリットは「刺激剤」が少ないことがあげられます。

水で落とすクレンジングはエチルアルコール無添加のクレンジング水です。

敏感肌に優しい理由として5つが挙げられます。

1.無香料なので匂いが気にならない

2.無着色なのでクレンジング後が気にならない

3.アルコールフリーなために肌に優しい(エタノールが入っていない)

4.パラベンフリーが入っていない(防腐剤)

5.弱酸性なので安心して使用できる

水で落とすクレンジングが人気の理由はこの5つの成分内容です。

例えばパラベンフリーには食材に入っています。代表的なものはコンビニの弁当ですね。商品を長持ちさせるメリットがありますが「人」に対して不安要素をもあります。

妊婦や小さなお子様がいる人場合には医師と相談するケースも少なくありません。パラベンやエタノールは「敏感肌」には大敵になります。

安いクレンジングやセール品などで肌が荒れてしまうことが多いのは上記の理由がほとんどです。

落ちる水クレンジングの利便性

フランスでNO.1のクレンジングにはどんな成分が配合されているのか?

理どんな背景があるか見ていきましょう。まず水で落とすクレンジング(ビオデルマ)にはDAF処方の保湿成分が入っています。

DAFとは何か?

・マンにトール

・キシリトール

・ラムノース

この3つの保湿成分が入っています。もともと皮膚科学者が製品開発をたずさわり素肌に最も近い「水」にしました。この独自処方によってハリのある肌に近づきます。

あまり聞き慣れない言葉ですが重要なんですね。

「サンシビオエイチツーオーD」で受賞第一位

スキンケア

水で落とせるクレンジングが口コミの中で評価が高かった理由は2つあります

1つ目は一拭きで落とせる抜群のクレンジング力です。落ちにくいマスカラもあと残りなしで完全に落ちます。またコットンで拭き取った付着物も顔につく心配もありません。

2つ目は利便性の高さです。外出先でもこれ1本で洗顔や保湿、メイク落としができます。主成分に精製水を使用しているので化粧直しもこれ1本ですみます。

世界中で2秒に1本売れる!クレンジング水【ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD】

公式オンラインショップならではのポイントバック

化粧水

公式オンラインでしか手に入らない様々な特権があります。

例えば毎回無料でついてくる45mlの洗顔ジェルです。ネットショップでしか入手できない非売品ですね。そして通常ポイントから2倍になるポイントの還元率です。

お店に足を運ぶデメリットがなく、オンラインならではのメリットの方がコスパがいいです。そしてお客様を第一に考えた定期便や解約が利用できます。

定期便では使用する量によって数量を変更したり、お届けするサイクルを2ヶ月後などに指定できます。コスパが悪かったり使用頻度を下げたいといったときにお勧めですね。またお届け5日前までなら次回の解約も可能になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は水で落とすクレンジングについて記事にしました。医療が進んだいる今も、化粧品の進化と共に新しく変化しています。

普段から使用しているクレンジングでマスカラが落ちないなど、不満に感じている人が多いです。敏感肌に対するパッチテスト試験も適用されているために安心して使用できること間違いなしです。

コメント

  1. […] フランスで1位!水で落とすクレンジング【口コミで話題のスキンケア】こ…アドセンス 本文下 Blog イタリア ドイツシェアする […]

タイトルとURLをコピーしました