このまま仕事を続けるか、転職するか迷って人に伝えたいこと

Blog
この記事は約5分で読めます。

この記事を読んでる人の多くは「転職したいけど…」行動に移せない。そんな人も多いのはないでしょうか?

今回は自分が「転職」するかを決める会社の基準と「自分が会社に求める優先順位」について記事にしていきたいと思います。

このまま仕事を続けていい人は「やり甲斐」を感じる人だけ

OLが会話する
OLが会話する

転職をしようと悩んでる人の80%は、今の職場に不満があります。そのため「やり甲斐」が低下しているため、メンタルや向上心が減ってきています。そのため、仕事やタスクでの上司からの評価や企業からの成果がなくなり、更にやる気が損なわれてしまいます。

このまま仕事を続けて良い人は、「やり甲斐」を重要視するようにしましょう。

やり甲斐がないまま、仕事を続けても自分の人生の時間が無駄になるため優先順位を決めましょう。

ブラック企業でも楽しければ良い

会議
企業の会議

なかには「ブラック企業」だけど、「楽しい」と感じる人も多いです。残業代が未払いだったり、休日出勤が頻繁にあったり、人間関係に悩んでる人などがいます。

なぜブラック企業なのに「楽しい」のか?疑問に思う人も多いのはないでしょうか?これは会社や上司からの見返りが「多い」からになります。

  • 管理手当が充実している
  • 出世が保証されている
  • 経営者からの評価が高い

など、これらのメリットが多いためブラック企業でも続ける人が大勢います。

このまま仕事を続けるか悩んでる人は上記のメリットがあるかを確認してみましょう。

マウンティング上司との付き合い方

高齢者やマウンティングする上司が「日本社会」では増加しています。日本の平均年齢が48歳となり、更に増えてくる可能性もあります。

マウンティングしてくる上司は、一生変わりません。これは体験談になりますが自分の環境を変えることが「大切」になります。

労働環境は、上司や部署移動することで改善することがあるため、逃げ道を確保することができるように人事に伝えることが大切になります。

転職活動できない理由は「スキル」がない

転職するか迷っている人の多くは「スキル」に不安がある人が多いです。そのため次の転職先を見つけることが出来るか?を不安に考えてしまいます。

  • 年収が下がる
  • 年齢的に不利になる
  • 転職しても年収をあがる仕事が見つからない
  • 上下関係が1からになる

など、学歴カードを出すことができなかったりスキル不足に感じている人も多いのはないでしょうか?

転職においては「人気者」や「運動神経が良い」などて、選ばれることがないため、学歴や仕事のスキルで採用されケースがほとんどです。

そのため、履歴書の書き方や面接でのアピールが重要になってきます。

悩んでるくらいなら辞めて良い

転職しようか悩んでるなら「退職」するがオススメです。90歳まで生きる現代社会では、70歳まで仕事することになります。

高校や専門学校、大学を卒業したときに大半の人は20歳や22歳から仕事をはじめます。つまり50年間は「労働」するため、人生の半分を仕事のストレスを感じることになります。

悩んでるくらいなら転職を考えましょう。

資格や経験値がないなら「給与」は下がる。在職中にやる事

資格や学歴カードがない場合「給与」は下がることを自覚しましょう。あと先を考えずに「退職」はオススメしません。

生活水準を下げるため、幸福度をあげるにはデメリットになります。

  • 外食回数が減る
  • ファッションにお金を掛けられない
  • 保険や車などのランニングコスト削減

給与が下がっても良い人は上記のデメリットを認識しておきましょう。

退職をする場合は、在職中に簡易的な資格やスキルを身につけておきましょう。

面接で採用されても拒否していい。ゲームだと思え。

転職するか迷っている人のほとんどは「転職活動」をしていない人が大半ではないでしょうか?

転職活動は、採用されたら「絶対転職する」ことではありません。そのため、採用されても拒否することができます。

  • 休日を使って無料でできる
  • 自身の年収の相場がわかる
  • 面接慣れができる
  • 企業が求める人材を知ることができる

面接は「無料」でできるため、ゲームと言う認識で行うのがベストです。

RPGのように敗北しても、不採用でも再チャレンジすることができます。もともと就職するつもりがないため「メンタルが傷つかない」ことが最大のメリットです。

面接はたくさん経験して、転職して年収が上がるかゲーム感覚で試してみましょう。

やりたいことが無い人に勧めたい資格

悩んでいる会社員
悩んでいる会社員

転職するか迷っている人の全てが「やりたいことがある」わけではありません。60%は「特にやりたい事がない」人になります。そのため、目標や努力をゴールにする必要がありません。

選ぶ基準は「やり甲斐」や「給与が高い」などの自身で選択肢をふやす事が大切です。

週休3日制や、1日の拘束時間が6時間など「自分の時間」を大切にできる資格や、企業もたくさんあります。

オンライン資格や事務など、在宅ワークに必要な資格もチェックしておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は「転職しようか迷ってる」人へむけた記事にしてみました。近年では、働き方改革の変化で「労働者の満足度」によって、個人が選べる時代になっています。

転職エージェント(無料)を活用して、選べる選択肢は増やしていきましょう。

ご愛読ありがとうございました。

コメント