アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

Final Cut Pro Xでクロップを「白」にする方法

クロップ動画制作・編集

映画のようなシーン作りのために、クロップを使うことで雰囲気を高めたりsお洒落な動画を作ることができるのがクロップの編集方法があります。ミュージックビデオなどで使われることも多いのですイメージビデオで使ったり様々なシーンで活用することができるので覚えておきましょう。

今回はFinal Cut Pro Xでクロップを白くする方法をご紹介していきます。

海外ではVlogなどで動画編集をするさいにクロップを白くする手法が使われており「可愛い動画」などで使われています。

 

naoya

1986年生まれ。
avex artist academy に通いエンタメの魅力に出会う。
音楽と出会ってクリエイティブ制作をはじめwordpress、seo、Webライティング、映像製作、動画編集、音楽制作、転職、美容、筋トレを中心に作家として活動中。

2020年Amazon Kindleにて電子書籍「ヤンキー育ちから海外を目指す生き方」を出版

naoyaをフォローする
アドセンス 記事内

クロップとは?

クロップとは映像を「狭くしたり広くしたり」枠をつけることを言います。画面を狭くすることで視聴者が、映像を凝視したりする効果があるため、映画などで使用されることが多猪が特徴です。YouTubeの動画編集でもさまざまのシーンで活用することができます。

Final Cut Pro Xでクロップを白くする方法(色をつける)

Final Cut Pro Xではクロップの色を変更することができます。黒や白以外の色でも変更できるので写真を参考に行っていきましょう。まずはFinal Cut Pro Xを開いて動画素材を挿入します。

1・動画素材を下記に挿入する

素材を挿入する

次に以下のような順番で項目を選択します。挿入した動画にエフェクトをつけます。エフェクトは以下のようにスタライズを選択して、レターボックスを選んでください。

レターボックス

クロップの幅と色を変える

レターボックス

レターボックスを選択すると写真のように、細かな設定を変更することができます。

・Border Size(ボーダーサイズ)

・Border Color(ボーダーカラー)

この二つでの変更で、クロップサイズとクロップの色を変更することができます。

クロップのサイズでも見やすい動画など、変わってきますので色々試して見てくださいね。映像製作でもYouTubeの再生や登録者をふやすた目の「成功の実践法則60」で動画クリエイターとして学ぶことが多く動画の視覚効果やボリュームの設定、オープニングの長さなど細かく説明されているので是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました