アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

東京で安い家賃の見つけ方ある?早期リタイアは人生のランニングコストが鍵。築浅で綺麗な物件の探し方

マンションBlog

東京で安い賃貸を探している人のほとんどは「高い」と感じる人も多いのはないでしょうか?安い賃貸にも探し方があります。これから東京に引っ越すためときに知っておくことがいくつかあります。

今回は「東京で安い賃貸の見つけ方」について記事にしたいと思います。毎月のランニングコストにおいても支出を減らすことで人生のプランを設計することで自身がいくらまでの賃貸を探すか基準を知ることが大切です。

毎月の家賃を上げてしまうと、お小遣いが減ってしまい生活コストを下げる必要があり「無駄」になってしまいますね。格安物件にはさまざまな賃貸が存在します。事故物件や1Rの狭い部屋。駅から遠い賃貸がほとんどです。毎月の定出費において節約したいものです。

アドセンス 記事内

東京都内の安い物件には理由がある

賃貸マンション
賃貸マンション

東京都内の物件には、格安賃貸があります。その中には築年数の古い物件は「虫やネズミ」などの害虫リスクも高いため衛生面にも考慮しなければなりません。そのため若い人や女性人気も少なくなるため賃貸の降下の原因の1つになります。

賃貸料金は年間コストで計算する

銀行の通帳
賃貸コスト

年間の賃貸料金はコスト削減を意識することが大切になります。家賃8万円の12ヶ月では96万円の家賃がかかってしまいますが、7万6000円の家賃にすると91万になります。これは年収5万円稼ぐことと同じ意味になります。年収5万円を稼ぐためには、月の給与を4000円ずつ上げていかなければなりません。昇給を目指すか?アルバイトをする時間を増やすか?2択になります。

そのためランニングココストを削減することで将来の資産を増やすことにもつながります。

給与から考える家賃の相場

「給料」から家賃を決めることが大切になります。手取り20万円の給料で家賃12万円では生活が苦しくなります。固定費や貯金、雑費などを見てみましょう。

  • スマホ料金3000円
  • 食費30000円
  • Wi-Fi4000円
  • 衣類品10000円
  • 生活雑貨5000円

スマホや食費などの「必須費用」は必ず算出する必要があります。また歯ブラシやシャンプーなどの生活雑貨においては衛生面でも必要になるためコストの削減は難しいため食費などを減らしましょう。

家賃を決める際には給料の3分の1以下にすることを目標にするのがベストです。手取り20万円の場合は6万円5000円から7万円の家賃が相場です。

家賃を下げると貯金が増える

家賃は「固定費」になるため、必ず発生するお金になります。そのため6万円の家賃の場合、寝るだけでも1日2000円の費用がかかります。これは人生の消費になるため「所持」するだけでお金がかかる車などもこれに当たります。

所得に応じて家賃を下げることで、貯金の額を増やすことが出来ます。貯金は将来的には「人生を有意義に過ごす武器」になるため出費を減らす努力をしていくことをお勧めします。

裕福な生活を経験してしまうと、ランニングコストを下げることが難しくなるため学生のうちか収入に応じてコストを上げることはできるだけ避けましょう。

家賃を下げて早期リタイアするには消費をしないか年収を上げるかの2つ

早期リタイアを目指すには収入を上げるか、消費を減らすことの2つになります。車は所有すれば重量税や任意保険、車検、駐車場料金などの維持費用が必要になります。

ここで自動車を所有した場合のランニングコストについてみていきましょう。ミニバン(車)になりますが、独身車に多い車種になります。

ミニバンに乗り続けるとして、生涯にかかる車の費用は「約5300万円」となる計算です。ざっくりとした計算ですが、何かと費用が高いミニバンに乗り続けると5300万円もかかるのはかなりの出費です。都会でマンションが購入できる位の費用です。

goo.net

ミニバンの指標になりますが、輸入車や4WDなどの大型な車ではもっと割高になるため、ランニングコストを減らす際には注意が必要です。自動車の所有には数々の税金がかかってくるため年収に沿った自動車にしましょう。

あなたの人生の居住費用知ってる?

集合住宅
集合住宅

都内近郊では「賃貸」に一生住む場合と、マンション購入について調べてみました。一戸建てに50年間居住する場合では一戸建ての方が安くなりますね。マンションの場合、管理費用や駐車場料金などの毎月の費用が大きくなります。

マンションと一戸建てについてみていきましょう。

マンション比較
マンションと一戸建て比較

近年では「賃貸は?マイホーム派?」などの議論が多くみられますが、ネット社会の先駆者はこぞって「賃貸」を選びます。これは「働き方の多様化」になることで仕事を決まった場所でする必要がないことを意味しています。

人生の設計プランでは、自身の「仕事」を同じ場所でするか?が見極めるポイントになります。

賃貸サイトの罠

賃貸アパート
賃貸アパート

賃貸サイトでは会社として運営しているため保証や安心性が高いのが特徴です。しかし大きな出費となる「仲介手数料」や「更新手数料」が必要になります。会社にもよりますが50%のマージンを必要になるため、東京で賃貸料金を安く済ませるには難しくなります。

不動産オーサーに直接依頼する

不動産オーナーが不動産サイトに広告費や宣伝費用を払わないで、自身で賃貸契約者を探している場合があります。無料でできるSNSで募集をかけているオーナーも多いのが特徴です。

  • Facebookのコミニュティーに参加してみる
  • Twitterで募集オーナーに直接DMしてみる

近年ではカーシェアや交友関係やビジネス仲間などSNSで募集する人も多く、コストが最小限に抑えることが出来ます。しかし保証会社など、契約書の記入など専門的な知識が必要になる場合もあるので専門業者にも確認をとっておきましょう。

おすすめサイトは2つ

おすすめはアプリの「ジモティ」と「クロスハウス」です。それぞれご紹介していきます。

ジモティ

無料アプリサイトのジモティでは売買したい人や不動産など賃貸物件を探すことが出来ます。メルカリやフリマアプリとは違って手数料などは一切かからないメリットがあります。不動オーナーが個人でジモティーに登録しているケースが多く、格安な物件や仲介手数料無料など個人間でやりとりが可能になります。

クロスハウス

クロスハウスは大手不動産会社と違って賃貸料金や契約手数料において最も割安になります。細かくみていきましょう。

  • 初期費用が安い】 敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円!初期費用3万円のみ
  • 家賃が安い】 東京なのに、家賃が3万円~ ※別途共益費1万円(水光熱費込)
  • 【選ばれやすい商品】 当社一番人気の『シェアドアパートメント』は、築浅の物件で、全室鍵付き個室。 個室内にテレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子・収納が備え付け。
  • 【サービス】 1ヵ月から契約可能/保証人不要/共用部清掃サービス/トイレットペーパー・調味料・ゴミ袋などの 備品の無料補充/物件間の移動無料/WEB入居申し込み可//日英韓中越対応可

東京の都内好立地に、家賃3万~家具家電付きで住めるため、年間のコストを削減したい人には最適になります。

こんな人にピッタリ

  • 年間100万円貯金したい人
  • 将来FIREしたい人
  • 自由に使えるお金を増やしたい人
[ 低価格 ] [ 好立地] [新築・築浅] のお部屋をお探しなら-シェアドアパートメント-

デメリット

  • 水回り共用部分あり

共用が苦手な人はおすすめしませんが、Wi-Fiや掃除の備品などが購入する必要がないため、駅近の好立地で探している人はチェックしてみる価値ありです。

メリット

  • 敷金なし
  • 礼金なし
  • 仲介手数料なし
  • 家電、家具つき
  • 駅近
  • 3万円から選べる

他の引っ越しサイトにはない物件もあるため、比較検討してみてはいかがでしょうか?家賃や初期費用などを比較してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は東京で安い賃貸とランニングコストについて記事にしていきました。人生100年時代になった今では70歳まで仕事をする人も増えてくる可能性も高くなってしまいました。できるだけ貯金を増やしながら消費を減らしていく必要がありますね。

iDeCoやNISA、投資信託や株式投資など貯金をうまく運用してみて人生FIREするのもありですね。

ご愛読ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました