アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

初心者でもできるインデックスファンド!投資信託をするために準備することは何?

これからの日本
アドセンス インフィールド

これから投資信託やインデックスファンドを始めようかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?近年では銀行に貯金したり、郵便局に預金するメリットが少なくなったため、インデックスファンドに投資をする「会社員」がふえてきましたね。

人生を逃げ切りたい人や、老後の資産運用を考えている人も多いようです。今回は初心者でもできるインデックスファンドや投資の知識がない人のための投資信託について記事にしていきたいと思います。

アドセンス 記事内

インデックスファンドとは

日本株
日本の株価

インデックスファンドとはFXとは違い、ギャンブルとは全く別物です。初心者のおおくは「株」をギャンブルと思っている人が大勢います。

みなさんが「銀行」に預けている資金も「運用」しているビジネスと言ったらわかりやすいでしょう。銀行は大衆からお金を預かり、まとまったお金を運用して「貯金」している一般の人に配当を配ります。

銀行もインデックスファンドと同様に資産を運用してる構図になります。

iDeCoとNISAなどの投資信託を知ろう

iDeCoやNISAもリスクが少ない投資信託の一つになります。投資する金額も少額なためコツコツと資産を運用しながら老後のたくわえにすることができます。

個人で投資することで、将来の設計をすることができます。iDeCoなどでシュミレーションしてみましょう。

投資の知識は必要ない

初めての投資には専門用語があります、例えば以下のように日本株式や日本債券などの「投資用語」があります。資産運用の場合は「自分でやらない」イメージで良いでしょう。

インデックスファンドとは

株式投資の場合は信用できる信託会社に「証券」を購入することで始めることができます。株価や経済などの状況に応じて、取引をしてくれる証券マンがいるため自分で管理する必要がないところがポイントです。

未経験の人が最初にやることは?

未経験の人が何から始めたらよいかわからないと言う意見がおおくあります。証券の取引は「金」などとは違い現金でのやり取りができません。そのためインデックスファンドや投資信託などを行う場合は、証券取引口座を開設することが必要になります。

証券口座は身分証明書やマイナンバーカードを提示する必要があります。投資額や利益がある場合、課税対象になるため、税務署などのマークがあり「脱税」することは100%できないので注意が必要です。

店舗で証券取引をする場合は手数料が高く、利益がでていても人件費で収益性が低くなります。そのためインデックスファンドなどの投資信託は人件費がすくないネット口座開設がおすすめです。

約定代金基本料率
20万円以下2,860円
20万円超 50万円以下1.4300%
50万円超 70万円以下1.1000% + 1,650円
70万円超 100万円以下0.9460% + 2,728円
100万円超 300万円以下0.8800% + 3,388円
300万円超 500万円以下0.8470% + 4,378円
500万円超 1,000万円以下0.7040% + 11,528円
1,000万円超 3,000万円以下0.5720% + 24,728円
3,000万円超 5,000万円以下0.2640% + 117,128円
5,000万円超0.1100% + 194,128円
野村証券

証券口座開設をするなら

初心者からはじめる口座開設は「大手企業」でネット開設がお得です。初心者の場合は知識がないため知名度のない証券会社などで儲かるなどのセールスをされますが、手数料が高額であったり年会費があったりするため下調べが必要になります。

DMMや楽天といった有名なところで口座開設をすればポイントの還元率も高く、信用することができるため初心者は誰でもしっている企業からはじめましょう。

『スマホでスピード本人確認』ご利用方法

初心者が学ぶ資産運用

はじめのうちは資産運用の情報収集が大切になってきますね。知識をふやしながら日本の株式にするかなどの好みで変更することもできます。

投資家でもある「メンタリストのDaiGoさん」の生配信でもご紹介があった本が以下になります。

わたしもこの本で投資信託について学びました。

メンタリストDaiGoさのおすすめの一冊

投資で損する人の心理学的な特徴TOP5

資産運用アドバイスセミナーで学ぶ

初心者の不安のおおくは「リスク」を感じてしまう感覚がつよく、資産の運用をするときのに行動に移すことができません。

  • マイナスにならないか?
  • 騙されないか?
  • 倒産したらどうなる?

このような知識を学ぶことができるのが資産運用のアドバイスセミナーになります。

具体的には以下のようなことを学ぶことができます。

・国内外のあらゆる資産運用・投資商品を組み合わせて、個人個人にカスタマイズされた資産運用プランをご提案 ・取り扱い商品数は100種類を超えており、リスク許容度に応じた選定が可能 ・社会保障制度や、勤め先の就業規則などを利用した設計をするため、資金効率の最適化可能 ・商品販売などは一切しないため、運用の知識を高めることができます。

  • 1.資産運用の目的や理由を整理
  • 2.特定の商品に偏らない幅広い投資商品を知れる
  • 3.実際に運用している方の、始める前・今・これから、の事例を知れる
  • 4.金融先進国の運用手法を知れる

初心者からはじめる運用は、情報がすくなく無知になってしまいがちです。しかし資産形成のプロのアドバイスを受けることで人生のライフプランを形成する近道になります

初めての資産運用は「学び」からはじめることをおススメします。運用が不安な人は、まずはプロが運用するセミナーなどで勉強してから資産運用するか決めてみるのが良いかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は少額でもできる初心者からの資産運用について記事にしました。わたしも銀行にお金を預けても将来的に不安だったため勉強しました。株などにもセンスがないため少額ずつですが低リスクで運用することができるまでになりました。

これから資産運用などiDeCoやNISAなどで資産を貯めていきたい人の参考になればと思います。

タイトルとURLをコピーしました