アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

少子高齢化で地方の仕事は減り続ける。都心に集まる客年層と田舎の高齢者の情報格差

デジタル化これからの日本

2021年には「若者といわれる年齢は35歳以下」として定義される時代になり、少子高齢化で地方に住み続けるデメリットにはどのようなものがあるだろうか?第二次世界大戦後のバブル絶世期には「製造」として世界に先進国として生産大国の日本として名を羽ばたかせた。ブラジル、中国。そして性産業として東南アジアでも日本は「お金持ち」として定義されていた。

近年のコロナとデジタル社会について20代から50代の情報格差(デジタルディバイド)について記事にしていきたいと思います。

アドセンス 記事内

韓国と日本の情報格差

電子社会ランキング
世界各国の電子社会ランキング

2012年から先進国としてTOPを独走している韓国は「3位」以下になったことがない。これは人口5000万の日本総人口の半分。しかし学歴社会やエンタメなどのグローバルに視点をおき、Netflixのイカゲーム、BTSなど芸能活動においてインターネットを使った、広報ビジネスの成功者として確立された要因の1つでもあり。

イーロンマスクが考えるテスラモーターと日本の情報格差

テスラ・モーターズ
テスラ・モーターズ

世界各国では「電子社会」を推奨している。日本では「侍文化」の風潮を重んじる習慣があり、アメリカの運営するテスラモーターでは、車販売店に「人」がいないため、動画やコンテンツでの受注発注がメインになっているため、人件費の削減やデジタル社会に徹底した動きがみられる。

スマホ決済や飲食店での対人関係のないタブレット決算、タブレット注文もデジタルの先通しと見られる。

エストニアには税理士と公認会計士がいない

電子社会
電子社会

エストニアを含む、北欧とよばれる地域では電子社会の義務化の導入がはじまっている。政府と民間人(GtoC)がマイナンバー含めて国民の「電子社会」が流入しているため、高齢者に対する住民票の以降、年金手続きなど市役所の仕事がPCやタブレット化されており、社会全体を取りまく環境が電子に移行している。

エストニアの税理士の割合を見てみよう。エストニアには偏差値60以上のエリートと言われえる公認会計士や税理は4%セントしかいない。そのため自営業や個人事業主は自身で「税申告」を行う。ソフトウェアを使った自動で行う会計士ソフトを購買して、国税局に申請を行うシムテムが94%になっている。

国民の96%がインターネット上で所得税申告を行う

cnet.japam

そのため税理士や、公認会計士などの職業がソフトウェアにて処理できるため、顧問税理士しかいないのが現状である。

エストニア政府の活動を支えているのはX-Roadというクラウドコンピューティングシステムです。このデータベースには国民のありとあらゆる公的情報が蓄積されていて、全国民の預金残高まで把握することができます。

momey Forwopdクラウド会計

アメリカでも同じように、公認会計士や税理士の職業は少ないといえます。アメリカでは3人に1人はフリーランス業になっており、正社員というカテゴリが日本に比べて少なくなります。そのため長期雇用や大企業安泰という概念がありません。

日本の地方の高齢者社会の深刻化

2021年の日本では人口の40万人から50万人の出生率の減少まで下がっている。これは鳥取県(53万人)や佐賀県(83万人)に匹敵する。

過疎化が進む地方では、農作物を作る「後継者」がいないことや、人口が少なくなった「消費者」の減少によることが一因と考えられる。

農産物の純利益が低減

2020年以降では農協として地元に貢献してきたが、農家からの仕入れ値の減額が進んでる。20年前では「購入者」と地域居住者と比例していたため、価格で勝負する必要はなくブランド米や作物は高値で取り引きされていたが、少子高齢化になると、取り引き価格は「競争」になり農家や高齢者産業としての不景気がふえたため、農産物だけでは純利益が上がらなくなってしまった。

 我が国の人口が減少局面に入るなか、農村部から都市部への人口集中がさらに進み、人口集中地区(DIDs)の人口割合は平成47年(2035年)には7割と推計。一方、非DIDsでは、人口が8割に減少するとともに、高齢者人口は1.2倍に増加し、高齢化率は36%と推計。

農林水産省

日本の給食に「パン」がでた理由を99%の日本人は知らない

日本の文化の1つに「アメリカは絶対」という政治的な圧力があります。例えば日本の給食に週に一回「パン」がでた記憶はないでしょうか?

これはアメリカの輸入物を日本でトレンドとして取り巻きたいという経済的な支援の一環にあります。

1950年、アメリカのガリオア資金でアメリカ産輸入小麦 が日本に引き渡され、8大都市の小学生に対し、パン、 脱脂粉乳、副菜の完全給食が実施されました。

学校給食ニュース2014

こうしてアメリカの経済圏として日本は、戦後の地位を確立しながら、日本国との平和条約は、第二次世界大戦・太平洋戦争後に関連して連合国諸国と日本との間に締結された平和条約。通称は、サンフランシスコ平和条約が結ばれました。

高速道路の自動二輪車2人乗りもハーレーを普及させるため

高速自動車国道及び自動車専用道路(以下「高速道路」といいます。)での自動二輪車(125cc超)の二人乗りは、改正道路交通法の施行に伴い、平成17年4月1日から、条件付きで可能となりました。

高速道路の二人乗りは、普通二輪免許もしくは大型二輪免許を取得してから通算3年以上経過していることが条件です。 違反した場合は年齢制限違反と同じ大型自動二輪車等乗車方法違反が適用

中日本高速道路株式会社/NEXSCO

トランプ大統領のアメリカ主義が強かったため、日本と平和条約を結んだ、総理は「ハーレーダビッドソン」の販売台数向上のため、日本での「2人乗り」を法律で導入させた事例があります。

少子高齢化でも日本企業はハードウェアを作り続ける理由

先進国としてもトップ10入りする日本は、ハードウェア(製造業)に力をいれています。中国の90%以上は月収40000円。日本の製造業は18万円以上。人件費だけ考えても「製品価値」は同等になりつつあります。3Dプリンタの導入やソフトウェアによって代替されているが、日本のグローバル産業は未だに遅れをとっています。

終身雇用や、昭和で育った感性によってグローバル産業への視野を狭くしていったのかもしれません。

インターネットを利用しない人数が日本には多く、情報格差になる理由の一つでもあります。

日本にタブレット普及率について見ていきましょう。

タブレット型」端末の割合は昨年度調査から4.4ポイント増の52.4%となり、調査開始から初めて半数を超えました。 モバイル端末利用のための環境整備も進み、校内のいずれかの場所で無線ネットワーク環境を利用できる高等学校の割合は全体の72.3%に達しました

obunsha

20代のタブレット使用経験者数は2019年で19.4%。

30代で17.4%になっています。

⚠︎2021年は不明

東証一部上場企業の早期退職の本質とは?

日本の企業は、ソフトウェア開発に力を注いでいます。新しい事に「拒絶」する高齢者には、高額の退職金を支払ってRPA(ロボットプロセスオートメーション)を導入した方が企業利益が高くなるためです。平均年収47歳の大企業ではパナソニックやLIXIL、HONDA、ANAの年収3割カットなど企業によってさまざまな得策が用いられています。

地方の土地相場が下がる理由

日本の過疎化マップ

日本の「過疎化」は地方からはじまります。離島とされている日本の地方では高齢化が進んでいるためコンビニやファーストフードの若者向けのフランチャイズが展開されていません。利便性を求める10代では給料が高い都心や、物流倉庫などが盛んな工業地帯などへの流入が多いため、経済産業として地方での産業が減少しつつあります。そのため都心に「就業」する若者が増え、オンラインでの就業やインターネットビジネスを使った海外に向けたターゲットを視野に入れている若者がふえています。

代別に見ると、20代が最も多く69.7%の人が利用しています。 2番目に多いのが10代で69.0%、次いで30代の47.8%と続きます。 最も利用率が低いのは9.3%で60代となっています。 Twitterはトレンド性も重要なため、トレンドに敏感な若年層の利用率が高いです

SNSマーケティング

まとめ

デジタル社会
日本のデジタル社会

2021年の10月12日時点では、日本での消費税5%への改善や、外国人実習生の廃止。最低賃金1500円、年収1000万円以下の10万円給付など、日本での改革も進んでいきそうです。情報社会において「知恵」よりも「情報量」になってきた社会では、ググることで情報弱者になることを防ぐことができます。少子高齢化社会ではインターネットを駆使した適応能力を学ぶことで、先進国としての日本をよりいっそう築いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました