アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

農家直送の野菜は安い?スーパーで野菜を買うメリットは。コスパで負けない野菜の選び方

野菜生活

野菜は「新鮮で安価」なものを選びたい人も多いのはないでしょうか?農家直接の野菜は「鮮度」が非高いため近年ではネットでの販売を行なっている農家さんも増えてきました。鮮度高い野菜は「水分量」が豊富に含まれており、甘味の成分をより感じることができます。

今回は農家直送の野菜の「栄養素や農薬」、スーパーで販売されている野菜と価格についてコスパも含めて比較していきたと思います。

アドセンス 記事内

農家直送の野菜は安い?

野菜

スーパーで野菜を買った方がいい人

食材の選ぶ方法はたくさんあります。日本ではスーパーで購入する方法が普通になっていますが、海外ではECサイトによる購入が増えています。スーパーで野菜を購入するメリットは「距離」などで決めることをおすすめします。スーパーへの買い出しは車や電車などの移動距離や移動時間が伴ってくるため、持ち運びの労力が必要になってきます。

スーパーまでのガソリン代や電車代などを支払っている人はスーパーでの購入はおすすめできません。スーパーまで徒歩圏内の人はスーパーで特売日などを狙った日にちを選ぶようにしましょう。

1ヶ月の家庭平均食費

1ヶ月あたりの家庭平均食費は、3人家族で月52,670円、1食あたり約585円と推定!総務省の家計調査によると、2019年度における2以上世帯の平均食費は75,715円です。 調査対象における平均世帯人員が2.96なので今回はこの統計を参考にしています。

レシピ 料理の基本

食材を自転車で運ぶデメリット

電車や車の他にも「自転車」で購入する主婦にはデメリットも存在します。お茶やお米などの重量がある食材は自転車を乗るときに不安定になるため、事故や怪我のリスクが高くなってしまいます。

また賃貸や高層マンションに住んでいる家庭の多くは、持ち運びに苦労している人もおおく1週間に3回など「小分け」して買い物をすることがあります。そのため手間がかかってしまいます。

農家直送の栄養素は?

農家直送とスーパーの栄養素について差はあるのか?スーパーの場合は田畑からの収穫を行い、皮むきや泥を落とす作業を行なっているためスーパーまで運ばれるまでの「日数」があります。そのため収穫してからスーパーに並ぶまでの1日から3日かかるため水分量が少なくなってしまう野菜もあります。

キウイやトマト、アボガドなどの野菜は「時間をおく」ことで糖度が高くなるものもあります。

夏野菜
夏野菜

青果物に蓄えられた糖分や有機物は、食べたときのおいしさや栄養分に影響する成分です。 これらが代謝されることは鮮度の低下につながるため、温度管理などによって、できる限り野菜や果物の呼吸を抑制しなければなりません。 また環境中の酸素量が低下し過ぎると、植物の呼吸は、酸素を吸収しない「嫌気 (けんき)呼吸」へと変化します。

NISSHAエフアイエス

無農薬と有機野菜

無農薬野菜や有機野菜を使っていると「体に良い」と感じている人も多いのはないでしょうか?有機野菜についてみていきましょう。

有機野菜に見分け方

有機野菜とは農薬や化学肥料を使わずに栽培したもの。正確には、農林水産省が定めたJAS規格に適合していて、有機JASマークが付いた野菜を指します。

KAGOME

「無農薬」と表記するのは違反

無農薬の表記をすることで「健康的」と感じる人も多く、農家では無農薬として販売されていました。しかし現在では無農薬としての表記は違反になっています。平成16年から表示禁止になりました。

農林水産省の『特別栽培農産物に係るガイドライン』によると、「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」は表示禁止とされています。

農林水産省

農薬を全く使用しないで作った野菜については「農薬:栽培期間中不使用」と表記付けることが可能です。

ネットで買う「産地直送野菜」の魅力

産地直送農家の男性
産地直送農家の野菜

インターネットで野菜を購入する場合は、鮮度が高く価格が安いことがあげられます。朝に収穫した野菜を配送することができるため、新鮮なまま食卓に並べることができます。

野菜の一番美味しい時間は「朝」に収穫した野菜になります。朝は野菜の「水分量が多く」糖度も高いためスーパーで購入するよりも鮮度が高いものが多いです。

ネット購入するおすすめしない野菜は?

ネットで購入するおすすめしない野菜は、傷みやすい野菜があげられます。特に離島などの遠く離れた産地直送では「船や飛行機」などの輸送時間があるため、スーパーで購入しても変わりません。そのため地元農家の「産地」をチェックしておきましょう。

コスパで選ぶなら「野菜の見た目を気にしない」農家直送の野菜が安価

農家の野菜をスーパーで販売するためには「野菜の見た目」によっても価格が変動します。スーパーでは野菜の「傷」があるものは売れ残ってしまうため、商品になりずらいためインターネットで安価で購入することができます。

野菜を安く買えるサイト

個人で野菜を作っている事業主も多く、割と安く野菜を購入することができます。またお米30kgなどの大型商品やまとめ買いをすることで更に安くなるため、交渉してみるのもおすすめです。

農家直送おすすめ

農家直送の「食べチョクコンシェルジェ」がおすすめです。通常のECサイトの場合は1日から2日の配送を必要としますが、24時間以内の到着するため鮮度が高く、農家の水分量が多い野菜が豊富にあるため季節にあった野菜がすぐに食べることができます。

各メディアにも取り扱われているため、チェックしてみる価値ありです。

■メディア掲載
『スッキリ』『シューイチ』『王様のブランチ』『スーパーJチャンネル』『がっちりマンデー!』
などのテレビ番組や、
朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・日本経済新聞など全国紙にも多数掲載。
また、現在代表の秋元が「Nスタ」にレギュラー出演!

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は「野菜」について記事にしていきました。スーパーで野菜を購入したり、農家直送でで買うメリットもあります。毎日の食卓を彩る野菜にもこだわっていきたいですね。ぜひ参考にしていただけたら幸いです。ご愛読ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました