[体験]髪が薄くなってきたのでAGA治療薬を購入してから6年の月日が経過したのでメリットとデメリットを紹介

健康診断の結果のイラスト健康
アドセンス インフィールド

こんにちわ。なおBlog(@sunsetcruzu1)です。男性の悩みといえば「薄毛」です。20代後半から30代前半くらいにかけて髪の毛の薄さに悩んでいる人は本当に多いです。私も内緒でAGAの治療薬を服用しています。

本当にAGAの治療薬は効果があるのか

AGA治療薬の費用はどのくらいか?また副作用は起こるのか?

実際に6年間使用しています。個人的にどのくらい効果があったか写真付きで説明していきます。

この記事の信用性

・美容師をしている髪の毛についてのプロ

・服用して6年間の体験談

AGA治療をするさいのデメリットやメリットが多いです。これからAGA治療をする際はチェックしておいた方がいいかもです。

美容師として4年働いていた経験を活かして、今回はAGA治療薬を飲んでみた経過と、みんなが気になる副作用と治療費について記事にしていきますね。

アドセンス 記事内

AGAの副作用である男性不全症候群ななる可能性がある」

AGA 治療をしたいか悩んでいる人の多くが「男性不全症候群」です。いわゆる「男」を捨てるということです。笑

つまりは…。立たなくなる…。ということ。

これは本当に怖いです。20代や30代で夜の営みができなきなる可能性があるということです。専門家によると1%の確率で起こります。AGAは男性ホルモンの増加によって起こりうる病気です。

加齢と共に、男性ホルモンが増加してしまうことを言います。

例えばこんな感じ(例)

女性でもヒゲが生える

女性が加齢と共にスネ毛が濃くなる

男女はホルモンのバランスで成り立っています。女性ホルモンが多くなると胸が発達して丸みを帯びたカラダになります。

男性も同じように女性ホルモンが発育すると「女性らしい」身なりになります。ホルモン注射のようなイメージです。

髪の毛は男性ホルモンと女性ホルモンで生成される

髪の毛が薄くなる原因は髪の毛にあるホルモンバランスによるものです。

薄毛

頭頂部と言われる「前髪からつむじ」は男性ホルモンでできています。加齢と共に男性ホルモンが強くなり、薄毛になってきます。

女性も同じように男性ホルモンが強くなると薄くなります。

遺伝によるものが多く、生活習慣や食事では改善されないために最近では「病気」というカテゴリに分類されました。

詳しくはこちら↓

病院に通う費用は20000万円くらい

AGAの治療は「皮膚科」や「内科」などで診察や治療をしてくれます。基本的には「治療」になるので医師免許が必要になります。アートネーチャーや美容室などの資格が無いところでは本格的な治療はありません。

実際に総合皮膚科に行った際の診断で言われたこと

1ヶ月の治療薬の費用(1万6000円)

医者に行ったときには「3ヶ月分」か「6ヶ月分」のどちらにするかを聞かれました。継続しないと効果がないために長期的な使用を勧められました。

医師や病院によって若干の誤差はありますがこんな感じ。

東京でAGA治療が可能な病院

AGAの診断は専門家にかようことをオススメします。内科では総合的な診察は行っています。しかし「薄毛」の専門家ではありません。

専門家でしか判断できないこと

診察してる人のAGA患者が少ない(データが少ない)

髪の毛のプロではないので生えるサイクルの知識が乏しい

病院の医師は「頭が非常にいい」です。知識も豊富ですが専門家ではないので患者をたくさん見ている専門家の方がたくさんのデータを持っているために判断材料が豊富です。

東京で銀座付近で「薄毛」を専門にしているところ↓

渋谷で美容皮膚科や薄毛を専門に扱っているクリニック↓

男性だけにメインで診察や治療をしている「OCEN」は顧客データも豊富です。男子の悩みである「ED」の治療なども専門にしているために解決してくれる部分は多いです↓

大阪でAGA治療ができるクリニック

大阪の梅田にあるAGA診断がクリニックの中でも比較的にコスパがいいです。内服薬を処方してもらって、1800円から通院できる価格の安さは魅力です。

AGAの治療を「若い人向け」に診察しているのがグローバルビューティークリニックです。年齢層も20代から30代後半くらいまでのお客さんが多く、若ハゲに悩んでいるニーズが多いので最初のカウンセリングも容易に行えるのが特徴です。

お金がない人でも処方したい人向けのAGA治療薬がある

専門医のところで処方するのがベストです。しかし所得や生活費まで削って「治療」をすることに抵抗がある人も多いです。

生活費に余裕がないし…。薄毛の治療に毎月1万円は払うのは難しいな..。

そんなあなたでも大丈夫!!!通院や病院で診断を受けないでAGAの治療薬を買うことができます。海外の治療薬になるので格安です

どうしても「金銭的」に続けることができない人がたくさんいます。自分もそうでした。1ヶ月で1万円から2万円の出費は大きいです。1年間で12万円から24万円の費用は高すぎます。年収を24万円あげることはかなり難しいです。そこで「同じ商品」を海外から輸入する方法です。

病院で診察料を払うコストを考えたら安くなります。

海外輸入からするデメリットもある

通販

日本の病院での服用は「信用」があります。日本で危険な「薬」を売ってしまった場合は警察につかまりますね。しかし、海外は「違法」にならない国もあります。

これが本当に怖いんです。

海外は日本と文化も違うために、ルールや法律も違います。

誤って海外輸入をしてしまうと「偽物」を購入してしまう恐れもあります。

安易に中国のものを買って後悔している人も少なくありません。必ず購入する際はネットの口コミを閲覧してチェックしましょう。

海外で輸入しているAGA治療薬はシンガポールで購入(5年間の信頼度)

日本のwebサイトでもアメリカや中国などたくさんの輸入品が存在しています。購入者や体験談などから調べていき「評価」がもっとも多かった商品を購入しています。

実際に使用し続けた結果がこちらです↓

かなり増えました!!

前髪が細かったなごりがありますが、それでもかなり増えました。

実際にシンガポールで輸入している商品はこちらです↓

メンズ脱毛も体験したので、ヒゲや体毛が気になる方は↓

薄毛の原因は2つある!1つは髪の毛を増やす!2つ目は髪の毛を太くすることが大切

髪の毛のプロとしてAGAの治療薬を飲むだけではダメなんです。AGAの根本的な対策内容は以下のとうりです。

抜け毛を減らす(なくすこと)

髪の毛の成長サイクルをかえる

AGAの治療薬の「効果」は上記のみになります。そうなんです。抜け毛を減らすことが1番の目的です。しかし、抜け毛を減らしただけでは「増毛」にはなりません。

もともとの髪の毛が「細い人」大きな変化がありません。

そこで同時に「髪の毛を太くする」リジンがオススメです。リジンは亜鉛を主成分としているために髪の毛の栄養を追求したタブレットです。

フィンペシアやプロペシアなどのAGA治療薬と同時に摂取することで増毛効果を高めます。

費用は高値ですがリジンのおかげでかなり髪の毛が太くなりました。かなりオススメです。

L-リジン【育毛・ヘルペス予防】
亜鉛のサプリメント

まとめ

薄毛は男性の「永遠のテーマ」です。女性にはわからない悩みでもあります。薄毛に対する女性からの印象は「おじさん」になってしまいます。例えば結婚相手の対象外になってしまったり悪印象を与えてしまいます。

早いうちから対応することで、相手からのイメージも変化します。異性の高感度も高くなるので「髪の毛」だけはお洒落にしておきたいですね。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. blogger.com より:

    Wow! At last I got a weblog from where I can really get
    valuable facts concerning my study and knowledge.

タイトルとURLをコピーしました