Final cut pro テロップを簡単に動かす方法!アニメーションを使わない便利機能

テロップ動画制作・編集
この記事は約2分で読めます。
アドセンス インフィールド

こんにちわ。なおブログ(@sunsetcruzu1)です。ファイナルカット を使用して「テロップ」に動きをつける方法をご紹介いたします。動画編集においては、テロップが動かないままでは、視聴者の目を止めることが難しくなります。

合間にテロップに動きをつけ「流動的」にすることで、動画の印象も大きく変わってきますね。Appleモーションや、コマごとに微調整をする必要がありません。

この記事を読んでためになる人。

・テロップを動かしたいけどやり方がわからない

・テロップを動かす作業が面倒

このような人に向けた記事になっています。

それではさっそく行ってみましょう!

アドセンス 記事内

Final cut pro を起動しタイトルを選択する

検索

まずはFinal cut proを起動し、テロップを選択します。

このさいに、編集したい動画は選択しておくようにしましょう

次にタイトル部分のある「検索」をクリックします。

この部分に「連続」と入力します。

最新のFinal cut proにしている場合は「漢字」でそのまま書いてOK

連続

「連続」と入力すると、タイトル選択する項目から「連続的」という項目が表示されます。

ここを選んで、テロップを付けたい場所にドラッグアンドドロップします。

テロップを右から左に動かす方法

連続的をクリックし挿入したら、動かしたい構図を決めます。

テロップを右から左に「流れるように」アニメーションを付けたい場合はタイトルインスペクターから大文字の「T」を選択します。

Directionの項目になる「前から後ろ」を選択します。

すると日本語で入力した場合「左から右」に流れるテロップになります。

逆に左からみぎに流れるようなテロップも作ることができます。この場合はDirectionの項目を「後ろから前へ」にすると変更することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました