自分でデザインする!ブログのロゴや洋服デザインなどができるオススメサイト

ファッションBlog
アドセンス インフィールド

こんにちわ。なおBlog(@sunsetcruzu1)です。これからオリジナルの作品を作ってみたいと考える人が増えてきました。SNSを利用する人が増え、コンテンツが「個人」に流れてきていることも関係していると思います。お気に入りのイラストや写真を使って自分だけのロゴやイラストを制作する方法をご紹介していきます。

お気に入りのイラストや記念にしたい写真を使ってデザインやロゴを制作をしてみよう!

イラストを作成したり、オリジナルのTシャツを作成したいなー?なんかいいアプリとかないかな?

靴とかデザインしたいけどやり方が難しそう…。クリエイターみたいなことしてみたいなー。お金もかからないでできることないかな?

クリエイターに依頼すると、最低でも数千円から費用がかかってしまいますね。

無料でダウンロードができる「BASE」を使った洋服作りなど、初心者の人でも無料ではじめられるクリエイター実践できるサイトやアプリのご紹介です。

しかも…。制作したTシャツや雑貨品など「在庫リスク」がないのでコストが0なので安心。


もちろんパソコンやiPadがなくても制作できるので安心です。

さっそく行ってみましょう!!

アドセンス 記事内

オリジナルを作るさいに必要なことは「デザイン」制作

イラスト

自分で「洋服」や「商品」を作るさいに1番はじめに必要になることは「デザイン」の制作ですね。デザインはスマホで撮った写真でもOKです。

写真に文字を入れたり編集したりすることができます。

一枚の写真を使って、トリミングしたり、文章を入れ込んでみました。しかも「スマホ」だけの編集になります。

アプリ検索で簡単に探しことができます

iTunes=写真 文字入れ 編集

Android=写真 文字入れ 編集

こんな感じで検索すると「たくさんのアプリ」が出てきます。笑

もちろん無料です。まずは2から3つダウンロードしてみて使いやすいアプリを探すことをオススメします。

理由は3つあります

1可愛い系にしたい

2海外っぽくしたい

3イラスト画っぽくしたい

など…。最初のうちはどれを初めていいかわからない為に、まずはどんなジャンルでやりたいかを決めましょう!

無料で作れるロゴは制作をするならこちらの記事から

気に入った写真があったら「商品」にする

編集しなくても「そのまま」の写真を使いたい!そんな人もたくさんいます。

そんなときは、加工や文章は入りません。写真のそのままの”良さ”を活かすことで自分らしさが出ます。

編集する必要がない写真

・写真のクオリティーが高い

・一眼レフなど高画質な写真がたくさんある

このような条件がある人は「編集」技術はあまり必要ないですね。写真家や芸術家の方向性があるのでスキル向上に時間を使いましょう。

そんな人にオススメするのがアップティーです。

オリジナルTシャツを制作できるほか在庫リスクがありません。イラストから自分で撮影した写真までカスタマイズしてくれるのでクリエイティブな人はチェックしてみてください。

実際にデザイン制作をしてみる「簡単」にする

実際に「イラスト」や「写真」に文字を入れてTシャツを入れることは難しくないです。パソコンやiPadがなくても簡単に制作することができます。

こちらもiphoneのみで制作したイラストがこちらです。

1枚の写真を使って「文章」を入れただけになります。

上記の編集でやったこと

・写真を透明にする(1番左)

・アメリカことわざを入れる(今回はアフリカ系アメリカ人なのでそれを入れました)

・記号を入れてみる(三角形)

英語はできない為に、Google先生にお聞きしました..笑 

英語を入れることで「 Tシャツ」を作る際にそれっぽくなるのでかなりオススメ!!

日本人を対象に販売するのであれば雰囲気は大切になります。パソコンやiPadで本格的なアプリやソフトもありますが、スマホ1つでもこのくらいのクオリティが出ます。

画面が小さいので、そこがネック…。

完成したら、30秒でネット販売ができるBASEに出品します。

BASEはこちら↓

オリジナルのTシャツや、スマホケースなどを簡単に出品することができます。

完全に無料ではじめられるので、初心者にオススメ!!

まとめ

今回は「オリジナルファッションを手掛ける!自分でTシャツを作る!」為にスマホでしたことを記事にしていきました。まだまだ発展中ですが勉強あるのみです。

Amazonの電子書籍の「表紙」も写真一枚から自作したのでよかったらご覧ください↓

本の宣伝になってしまった…。笑笑…。

これからは何かしらの「制作物」を作ることが大切になってきますね。映像であったり、「文章」であったりロボットができない仕事探す必要がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました