ガジェット日本未発売!GARMINやタブレットを安く購入する方法

ガジェット Blog
この記事は約4分で読めます。

SIMフリーのガジェット製品やタブレットなど、Amazonや楽天といったECサイトでは見つからない場合は家電量販店でも見つからないケースがほとんんどです。特にSIMカードを挿入して使う製品については、海外でも使うことができるため利便性が高く、世界中で使うことができます。

Aはpple製品やスマートウォッチなどは日本での発売日は遅くなるため、いち早く手に入れたい人も多いのはないでしょうか?

今回は日本未発売のガジェットを購入することできるサイトをいくつかご紹介していきます。

日本での発売が遅くなる理由

日本での発売が遅くなってしまう理由はいくつかあります。特に「日本製品」はすぐに発売されますが、AppleやNIKE、googleピクセルなど「アメリカ製品」は輸出の関係で、遅延してしまいます。

輸入は法律として「輸入通関税」など細かなルールがあります。詳しくみていきましょう。

通関手続き依頼と保税地域への搬入本船が到着すると船会社から到着通知(Arrival Notice)が入ります。あるいは輸出者から事前に船積通知(Shipping Advice)が届くと、輸入者は起用する海貨・通関業者を決め、荷受けや通関手続きの代行を依頼します。荷為替手形決済(L/C、D/A、D/P)の場合には、その引き受けや代金決済と引き換えに、銀行から船荷証券(B/L)などの船積書類一式を入手し、B/Lに裏書きをして、海貨業者に渡します。荷為替手形決済以外の場合には、輸出者から送られてくる船積書類を点検し、B/Lに裏書し海貨業者に渡します。海貨業者はB/Lを船会社に提示し、B/Lと引き換えに荷渡指図書(Delivery Order: D/O)を本船入港前に入手します。そして、D/Oと引き換えに本船から貨物を引き取り、保税地域に搬入します。近距離貨物などで船積書類が銀行に未着の場合には、銀行の連帯保証のある保証状(Letter of Guarantee: L/G)を船会社に差し入れることにより、貨物を一旦引き取ることができます。この場合、B/Lが到着したらそれに裏書きをして、船会社に提出し、それと引き換えにL/Gを回収して、銀行に返却します。

日本貿易復興機構

これらのように、輸入までにはさまざまな取引と銀行が絡んでいるため、納期が発売日が遅くなってしまいます。

海外のサイトは「英語」表記などで購入するまで面倒

海外サイトをググってみると、英語のサイトに繋がってしまいます。そのため支払いの設定や住所の入力フォームに時間がかかってしまいます。

海外輸入するためには、日本とは逆で部屋番号や番地から入力することがあります。

検索しながらフォームを入力することができれば容易ですが、初めは面倒に感じてしまいます。

住所の記入例
海外の住所の記入例

海外専門の通販サイト

日本未発売の商品を購入できるサイトでは、日本人に向けに作ってあるため日本語対応となっています。詳しく見ていきましょう。

  • 日本語対応
  • 日本人対応のサポート体制
  • 1年保証で国内にも拠点があるので、購入後の返品、修理も国内対応の便利さ
  • 注文日から、最速3日でお届けする。受取時に税金の支払が無い分かり易さ

また日本語にて電話、チャット、メールの対応ができるため、トラブルも少なく安心して問い合わせできるとこもポイントです。

どんなガジェットが売っている?

ガジェット
取り扱いガジェット

取り扱っている製品は上記になります。スマホから一眼レフまで日本の未発売の製品も含めて豊富な種類を取り扱っています。中でもスマートウォッチなどは日本でも未発売のものが多く、人気になっています。

スマートウォッチ
スマートウォッチ

Apple製品はある?

Apple製品も取り扱っています。アップル製品では価格帯では日本での販売値とあまり変わりませんんが、海外仕様になっているため他国での使用目的なら利便性が高くなります。

アップルウォッチ
アップルウォッチ

お勧めは海外のドローン

ドローン

個人的に気になるのは「ドローン」関係の商品です。日本の大型家電量販店では販売されていないものが多く、DJI以外にも便利なバッテリーなど付属品も販売されています。

公式サイト:Etoren.com

まとめ

いかがだったでしょうか。ガジェット関係好きな人なら1度はチェックしてみたいですね。日本では流通していない商品を探してみるのもいいかもしれません。ご愛読ありがとうございました。

公式サイト:Etoren.com

コメント