クレカで不正ショッピングリボされたかも?気付かぬ落とし穴に要注意

カード犯罪 Blog
この記事は約5分で読めます。

クレジットカードの不正利用は、気付かずに放置してしまう人も多いのはないでしょうか?近年では、クレジットカード明細書を郵送で送付することが少なくなったため、アプリで確認する手段があげられます。しかしショッピングリボで不正な買い物をされた場合「明細に記載されない」ため、見落としてしまいます。

今回はクレカで不正にショッピングリボにされたケースを記事にしていきます。

クレジットカードで不正利用されて見落としまうケース

クレジットカードとノート
クレジットカードとノート

クレジットカード明細は、カードを使用した情報が記載されています。そのため支払い記録とし残りますが、海外サイトからの購入やネットショッピングでの請求は「隠語」のように見えます。

どこで何を買ったか把握しておく必要があります。クレジットカードで不正利用されてるか見落とさないように、2段階の暗所番号を設定しましょう。また、最近の不正利用は巧妙に手口になっており、少額利用されることがあります。

少額利用は気付かないケースがほとんど

カード犯罪
カード犯罪

クレジットカードの不正利用には、少額利用されるケースが増えています。例えば、3万円の買い物を不正利用された場合は持ち主がチェックするため、6000円程の分割払いされた場合見落としてしまう事が多く、入念なチェックが必要です。

分割払いやショッピングリボをされた場合は気付かない

リボ払い
リボ払い

分割払いやショッピングリボで不正利用された場合は、翌月の支払いに大きな変動がないため、明細を見落としてしまうケースがあります。そのため悪用する側は、より一層巧妙な手口を使ってきます。

毎月の利用項目では、キャッシングやリボなどの記載がないクレジットカード会社もあるため、自身でカテゴリ覧から使った「詳細」を確認しなければなりません。

リボの不正利用で知らぬ間に「利息」払っている場合がある

リボでのショッピングは、16%前後の利子があります。不正に使用されたカードでは半年前のリボショッピングが知らない間に、利子地獄になるケースがあります。

特に1年や2年前などの不正利用になると、カード会社によっては保証対象外になってしまい、不正利用料金と利子を完済するまで払い続けなければなりません。少額なショッピングでも痛手となるため、入念にチェックをしましょう。

不正リボに気付いたらすぐにやる事

不正に気付いたら、カード会社に連絡します。クレジットカード会社は、自動のチャットbotや自動音声ガイダンスなどで初期対応していますが、オペレーターまで辿り着かないと処置してくれませんん。不正ショッピングリボやキャッシングなど身に覚えのない請求はすぐにオペレーターに相談しましょう。

不正利用された場合90日以内は保証してくれる

ここからはクレジットカード会社に問い合わせたときの会話内容になります。電話オペレーターは90以内は補償してくれる旨を説明してくれましたが、カード会社では返金方法や弁済期間は多少異れど、だいたいのクレジットカード会社は同じイメージで間違いないと思います。

不正利用された場合、90日以上遡ってもそれ以上の過去は適用されないことがほとんどです。

しかし、近年のカード会社は「条件により」3か月以上前でも返金保証してくれるみたいなので、各カード会社に問い合わせしてみましょう。

不正利用されないために、海外ネットショッピングは控えた方がいい

カードの不正ではスキミングや、盗難などが主流でしたが、現在はネットショッピングなどによってカード情報を抜き取られケースが非常に増えています。

特に海外のネットショッピングサイトで支払いをする場合は、悪質な会社も存在するためカード情報を入手して不正利用されるケースも少なくありません。

その中でも海外大手の通販サイトなどは、悪質な行為はないとは思いますが、実際に不正入手した場面を探知できない為、判断が難しいのが現状です。

海外のネットショッピング利用する際は、細心の注意を払っておきましょう。

ゴールドのクレジットカードは不正利用されたときの対応が神

クレジットカードの種類によっては、ゴールドカードは返金保証の期間が長くなったりお問い合わせの「待ち時間」がないなど、かなり優遇待遇してくれたりします。海外旅行やたくさんショッピングする人だけが「お得」と思っている人も多いのはないでしょうか?しかし不正利用させた経験ある人は、ゴールドカードの待遇の良さに気づくかもしれません。

支払いはQR決済!カード情報が流失しない

クレジットカードで支払いするときは、カード情報を入力したりスキニングをしなくてはなりません。そのため、カード情報が流出する可能性が高くなり不正利用の対象になりますが、QR決済の場合は「暗号」になっているため情報が流出しても秒数でしか利用できないメリットがあります。

キャッシュレス決済とは

決済速度は、非接触型が8秒、クレジットカードが12秒、QRコードが17秒、現金が28秒となる。 実験によって導かれた各決済速度の差をもとに試算したところ、普段の買い物で決済方法を完全にキャッシュレスへ移行すると自由に使える時間が年間約3時間増加します

IT media mobile

まとめ

クレジットカードの不正利用は、過去に一度経験しており、注意喚起として体験を記事にして参りました。皆さんも不正利用された場合は、すぐに問い合わせすると同時に、料金明細は入念にチェックすることをオススメします。

ご愛読ありがとうございました。

コメント