【motion 5】動画編集に使えるアニメーションを作る!Instagramのロゴも作れる!エンディングで流すとお洒落になるよ

アニメーションBlog
この記事は約9分で読めます。
アドセンス インフィールド

こんにちわ。なおブログ(@sunsetsruzu1)です。動画編集ソフトの中でも motion やアフターエフェクトを使ってアニメーション(動く動画)を作りたいですよね?

今回はMacで使うmotionでどんなことが出来るかを記事にしていきますね。

モーションかアフターエフェクト どちらにするか悩んでいる人の参考になればと思います。

僕はどちらも経験しましたが、Mac信者なので「モーション」でイイかなと思います。もしMacで統一したい人であればモーションがオススメです

モーションを使って実際にどんなことが出来るか?

この記事でわかること

・InstagramやTwitterの自分のアカウントを作ること出来る(宣伝出来る)

・どんなアニメーションを作れる?

・アフターエフェクト との違い

このような記事の内容になっています。

動画編集ソフトでどれを購入すればイイか悩んでいる人はしたの記事から

それでは行ってみましょう。

アドセンス 記事内

モーションでどんなアニメーションが作れる?

アニメーションをはじめたいひとにとって「どんなアニメーション」が作れるのか?改めて疑問に思うことがあります。

・どんなアニメーションを作りたい?

・どんなシーンで活用したい?

まずは、どんなアニメーションを作りたいかを決めましょう!!

まだどんなアニメーションを作りたいか決まっていない初心者にオススメしたいのが「ロゴ」作りです。例えば、自分のお店のロゴでもイイですし、あなたの好きな文字ですイイです。

今回は「Instagram」のロゴを作成してアカウントを動くアニメにしてみたので参考までに↓

上記のようにSNSアイコンを作ったり、ロゴを動かしたりすることができます。

実際にこれを作るために愛読した「一冊」がこちら↓

モーション5初心者はガイドブックで使い方がわかります。

本の文章も読みやすく記事の構成もしっかりしているのでオススメの1冊です。

テレビ番組のオープニングも作れる

モーションを使ってテレビ番組のオープニング動画を作成することもできます。アフターエフェクト でしか出来ないと思っている人も多いので、モーションでも「こんなこと」も出来るということを知っていただきたいです。

作ったアニメーションがこちら↓

松本人志さんの「ダウンタウンなう」で放送された「松本人志の酒のツマミになる話」のタイトルロゴです。

YouTubeの企画としても使えるので真似をして作ってみただけです笑

まっちゃんファンがいたらすいません…。

個人的にめちゃくちゃファンなので許してね。

アフターエフェクトと違い

アフターエフェクト の大きな違いは値段です。これが本当に雲泥の差があります。

実際の費用はこんな感じ↓

モーション=6100円で永久ライセンス

Adobe=2480円で1ヶ月

モーションの場合は一度買ってしまえば、永久に使うことが出来ます。しかもMacさんでバージョンアップデートが行われますので常に新しい気持ちで使用できます。

アフターアフェクトの場合は1年間で29760円の費用になってしまいます。

⚠︎1ヶ月の単品契約をした場合

使用した感じの基本的な違い

アフターエフェクトの場合は「Windows感」が非常に強いです。今までMacしか使っていなかった人は使いずらく感じます。

アフターエフェクト

・項目が多い

・専門用語がビッシリ

使用した印象はこんな感じです。専門用語が多いために「日本語でも何を書いてあるかがわかりません」…。

しかしメリットも多く存在します。

・性能の幅がモーションよりも広い

・中級者になるとアフターエフェクトにする人(出来ることが多い)

・高額でもAdobeで統一するメリットがある

初心者では使いこなすまで3ヶ月はかかるイメージです。本格的にアフターエフェクトを学びたいなら動画編集のオンラインスクールに入会した方が早く身についきます

独学では難しいのでプロに指導してもらうようにしましょう。デジハリでは1年間のAdobeライセンスが付属しているのでコスパがかなりイイです。

ソーテック社の「プロが教えるアフターエフェクト 入門講座」は初心者でも読みやすく入門用としてのノウハウがぎっしり詰まっているので、アフターエフェクト をしようする際に手元に置いておくとすぐにアニメーション制作に取り掛かることができます

motion5で使えるオススメの本

直感的に使うことが出来るモーションですが、使用頻度が増えてくるとつまずく時も多いです。

例えば「稲妻」や「電光石火」などの文字を作りたいなど、したいことの幅が増えていきます。

そんな時に手元に置いておきたい本でオススメしたいのプロが教える映像テクニックです↓

映像に関することであれば「テクニック」が豊富に含まれているのでプロの視点で映像を作ることができます。

かなりオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか。モーションやアフターエフェクト を使ってアニメーション映像を作って様々なことが出来るんです。

わたしもまだまだ初心者ですが、新しい発見があって趣味ではじめたい人でもオススメしたいです。

ARや VRなどのも増えてくるので「映像」を勉強しておくことにデメリットはないです。

これからはじめたい人はぜひチャレンジしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました