ベンチシートで筋トレ!!自宅で鍛えられる本格的なトレーニング器具

ダンベル健康
この記事は約8分で読めます。
アドセンス インフィールド

こんにちわ。なおブログです。ベンチシートを購入しようか悩んでいる人に今回は、オススメの商品を比較してみたいと思います。自宅トレーニーの人は「器具」選びが大切ですね。鍛えたい部位や、好きな種目を選ぶこともトレーニングする上では大切な要素になります。

自宅でトレーニングしている人の多くにこんな疑問があります。

自宅<br>トレーニー
自宅
トレーニー

ベンチシートとフラットシートどっちがいい?

インストラクター
インストラクター

自宅でトレーニングするなら、ベンチシートは「角度調整」出来るものを選無ことことをオススメするよ!!

理由は3つあります。

・鍛えられる種目が多い

・折りたたみが可能(場所にとらわれない)

・価格にあまり差がない

ネットショッピングでは「写真」でしか判断できないため、どれを購入するかは、価格で選ぶしかありません。または「評価」を参考にして検討することが多いです。

この記事でわかること

実際にベンチシートを2つ購入したので、使った「印象」を細かく比較することができます。

購入を検討されている人は参考にしてみてください

それではさっそくいってみましょう!!

アドセンス 記事内

ベンチシートでベンチプレス をするときのオススメの幅

トレーニングする男女

ベンチプレス を主にやりたい人が選ぶポイントは「シートの幅」になります。

シートの厚みや荷重量は、300kgなど、一般人では特に不具合を感じません。しかしシートの幅は、日本人の肩幅によって慎重に選ぶことが優先されます。

日本人の男女の平均肩幅は「43.2センチ」になっています。また男性の肩幅が43センチ以内の人は全体の10%未満となっており、肩幅が狭いといわれます。

男性平均は45.6センチ

肩幅が狭い人は、肩甲骨がシートに接触してしまうために、完全に下まで筋肉に負荷をかけることができず、正しいフォームでトレーニングすることができなくなります。

ネットで購入するベンチシートは海外生産の場合が90%を超えているために、日本の体型基準になっていない場合が多く、シートの幅をチェックする必要があります。

ベンチシート(フラットシート)を使用した不具合内容

フラットシートの不具合で多いものが、金具部分の「遊び」になります。

上記の写真にある「丸い」部分のサイズがまばらになっているために、ロックをした際にかちゃかちゃなります…。笑

固定する部分に「遊び」があり、ベンチプレスなど重量物を要するトレーニングする際に、ギシギシなります。細かい振動が気になるひとにはあまりオススメしません。

個人的な感想になりますが、中国製だと思いました。

シート部分は見た目には申し分ないですが、実際に使用した感じは、不満足になります。

⚠︎安い中国製はあまりオススメしない

角度が調整出来るインクラインベンチシート

インクラインベンチ

角度が調整出来るインクラインの魅力は「ワンタッチ」で角度が調整できます

主なトレーニングは種目は以下になります

・胸

・背中

・足

・腕

フラットシートではトレーニングできる部位が限られていますが、角度が調整できるリーディングエッジでは、様々な種目を鍛えることができます。

リーディングエッジで鍛えられる種目

・インクラインチェストプレス

【筋トレ】大胸筋の上部に効く!山本義徳氏お勧めのインクラインベンチプレス

筋トレをはじめて一番気になるとこが「胸トレ」ですね。かっこいい大胸筋を鍛えるなら、この種目は外せません。

角度調整ができるベンチシートがあるだけでかなり効果的なトレーニングが可能になります。自宅にベンチプレスがない場合、ダンベルで効果的なトレーンングを行いましょう。

・ダンベルフライ

【筋トレ】ベンチプレスよりも大胸筋に効く!?ダンベルフライのやり方を徹底解説【胸トレ】

ダンベルフライも大胸筋と鍛えるトレーニングの一種になります。胸トレといっても上部や中部、下部といった種目別で鍛えられるのがインクラベンチシートの最大の魅力です。

ウェイトトレーニングをする前は、カロリーを摂取するようにしましょう!!食事をしないと筋肉も減ってしまいますので要注意!!!

・アームエクステンション

極太の腕を作るダンベルのみで腕トレ。スーパーセットで二頭・三頭を短時間で追い込む

アームエクステンションは上腕二頭筋を鍛えるには有効です。太く男らしい腕を手に入れるために、欠かせない種目になります。

ウェイトトレーニング初心者は、フォームで安定しないために、腰痛になる人が多く怪我の原因つながりやすいです。一度怪我をしてしまうと、癖になりウェイトトレーニングを諦めてしまう人がほとんどです。ウェイトトレーニングを行う際は、腰痛に注意しましょう!!

https://naoyakatahira.com/waist/

ワンハンドカール

70キロをワンハンドカールする男が日本にいた!新潟の力の神様登場!

筋肥大と呼ばれる、筋肉の増量にはトレーニングはもちろん、プロテイン以外にもクレアチンも飲むことで、筋肉の増量を促してくれます。

筋肉は「朝」に朝食を抜いたり、空腹時間があるときは、カロリーを消費しないで筋肉をエベルギーに変換するために、筋肉が減ってしまいます

効果的な筋肥大をしたい人は、プロテインとクレアチンは必須です。

・デクラインチェストプレス

鈴木雅が解説!3分でトレーニングの質が変わる!大胸筋を鍛えるマシンの使い方の重要性!デクラインチェストプレスで実践

デクラインは、部分的に鍛える人が少ないですが、大胸筋下部にある、メリハリを作ることができます。ダンベルとベンチシートがあれば、こんな種目も自宅でトレーニングすることができます。

・ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットのやり方!フォームやバリエーションを解説

ブルガリアンスクワットの正しいフォームを丁寧に説明してくれています。人間のカラダで筋肉が大きな部位になるので、鍛えるだけで消費カロリーを増やしてくれるために、ダイエット効果にもつながります。

脂肪燃焼サプリと併用すると効果が高まります。

ベンチシートを選ぶさいに注意すること

実際に買ったベンチシートはこちら↑

ベンチシートを購入する際に、注意することは、「価格」で選ばないことです。低価格な商品は、保証期間もないために、品質があまりよくないです。

楽天やアマゾンで購入する際には「レビュー」をチェックして使用者の不満を必ず閲覧しましょう。

またトレーニング器具専門の企業から選ぶようにすることをオススメします。

購入して良かったベンチシート

これはかなりオススメ!

ベンチシートを選ぶらなこの3択

自宅でできるトレーニング器具を何度も購入してきましたが、ベンチシートを選ぶなら2択です。

・通販でレビューを参考にする

・Made in Japanを選ぶ

・筋トレ器具専門店で選ぶ

MADE IN JAPAN のデメリットは価格が○万円から数十万くらいはしてしまいます。おかねに余裕がある人は自宅で器具を設置してもいいですが、そこまで余裕がない人は、通販の専門店で購入するか、購入者のレビューが一番失敗しない方法です。

自宅で筋トレ器具を専門に販売している会社

ファイティングロードは、筋トレ初心者から上級者までスキルに合わせたトレーニング器具を揃えているほか、コスパがよく自宅でトレーニングを主に行っている人にオススメ!

トレーニング器機ならファイティングロード

筋トレ業界で有名なのがGOLD`S GYM公式通販です。GOLD`S GYMはアメリカを中心に世界各地でジムを経営しているために、筋トレを行う人の中では知らない人はいません。商品価格は若干高めですが、ジムに通うアイテムとして使用するもよし、品質も高く筋トレ上級者から愛されているために、長く使うならオススメのアイテムです。

GOLD’S GYM公式通販

コメント

タイトルとURLをコピーしました