たるみやシワに悩んだときにハイフ体験!30代からの美容日記

ハイフ ダイエット
この記事は約3分で読めます。

30代になってくると顔のシワやたるみが気になる人も多いのはないでしょうか?20代後半から30代に突入すると老化も感じやすくなます。近年ではハイフ(HIFU)といった美容医療など、シワやたるみなどを改善するための医療機器が人気になっています。

ハイフにはどんな効果があるのか?どんな施術をするの?体験談を分かりやすく記事にしていきます。

ハイフ(HIFU)ってなんで効果あるの?

医療ハイフ

HIFUは皮膚表面へダメージを与えることなく、熱で皮膚の内側から肌を引き締める痩身治療です。 顔のたるみ改善やリフトアップなどの美容効果が期待できます。 ダウンタイムもほとんどないため、肌を傷つけることなく気になる部位を引き締めることが可能です。

アイシークリニック

ハイフ(HIFU)は思ったより痛くなかった

首元の脱毛
首元にレーザー

ハイフをはじめて体験したときの痛みは、全然痛く感じませんでした。医療の脱毛ではゴムでパッチんされた感じがありましたが、ハイフ(HIFU)の場合はほとんど感じませんでした。医療クリニックで行いましたがレーザーの出力値もエステよりも高度である認識でしたが全く痛みを感じませんでした。

ハイフのデメリット

首にレーザー
レーザー

ハイフのデメリットは効果がすぐに見られず、当日では効果は感じませんでした。そのため初回では「他人」から気づかれることはないでしょう。医療クリニックではさまざまな機械があるため、効果の高い機械をチョイスすることをおすすめします。

クリニック名
聖心美容クリニックウルトラセルQ+・ウルセラ
品川美容外科ソノクイーン・ダブロ-S+・ダブロゴールド
品川スキンクリニック美容皮フ科ソノクイーン・ダブロ・ダブロ-S+・ダブロゴールド
TCB東京中央美容外科ソノクイーン
湘南美容クリニックウルトラセルQ+・ウルセラ
ハイフを取り扱っているクリニックと種類

試してみて感じた効果

ハイフ(HIFU)を行なって2週間の経過は、自身で「変わったかな?」くらいの印象でした。シワやたるみを気にしている人なら、気がつくかもしれませんが、広告に出てくるような「かなり変わる」ということはなく、回数をこなしていく必要がありそうです。

ひきしめ専用ホームケア美顔器

施術スタッフと女性
施術スタッフと女性

ハイフをはじめたいけど費用が高かったり、痛みやダウンタイムが気になっている人も多いのはないでしょうか?医療クリニックでハイフを行う場合、「保険適用外」なため実費での医療になってしまいます。そのため初めての人は高額に感じてしまう人もいます。

近年では「自宅でできる」フェイスラインのひきしめ専用美顔器が発売されており、シワやたるみの改善として愛用されている人もいます。美容クリニックに通わなくても自宅でできるためコスパが良いため男性から女性まで多くの人も使っています。

公式:NEWAリフト 美容クリニックの治療が家でもできる

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はシワやたるみについて記事にしていきました。30代を過ぎるとシワやたるみ、ほうれい線が気になってる人も多く、医療クリニックや自宅で出来るひきしめ美顔器などを使って、効果を体験してみるのもいいかもしれませんね。

ご愛読ありがとうございました。

コメント