アウトドア&キャンプ&DIY&わんこと焚き火

このブログでは「アウトドア」や自然が好きな人に情報を発信する田舎暮らしをする趣味のblogになります

見てみたい

動画フリーランスになるために必要な8つのこと!動画編集で最初にやること

動画制作・編集






動画編集だけで食べていきたい!そう思っている人も多いのはないでしょうか?近年では「動画」の市場がふえてきているためにフリーランスとして動画編集で生活している人もいますね。YouTubeなどを使ったSNSでは、映像をみて楽しんだり、映像から学ぶこともできます。

そのため世界中をマーケットの対象にすることで月収50万円のフリーランスはたくさんいます。

今回は実際にYouTubeでも「動画フリーランス」として活躍している人も含め動画フリーランスになるための8つにことについて記事にしていきます。

アドセンス 記事内

動画フリーランスになるために学ぶ必要なスキル

スマホ画面
スマホ

動画フリーランスになるには「多彩なスキル」が必要になります。エフェクトやトランジョン意外にも、テロップの個性や雰囲気にあったBGMをチョイスするなど、さまざまなスキルが必要になります。

動画フリーランスに必要な編集スキル

  • バラエティー系編集スキル
  • ドミュメンタリー編集スキル
  • インタビュー系編集スキル
  • シネマティック編集スキル

1つ1つ噛み砕いていきます。バラエティー番組ではテロップや効果音などを使って編集することがおおく視聴者に対してわかりやすい映像編集が必要になります。

またシネマティクなども用いた動画編集では「撮影」にも特徴的な方法を用いることがあります。ジンバルやカメラなどにも必要に応じて使い分けるスキルもあります。




動画フリーランスに必要な「営業スキル」が最も大切

動画フリーランスになるということは仕事を請け負うことからはじまります。動画を編集するスキルなどがあっても、いざ仕事がないといった状況に陥ることもあるため、営業スキルなどがあげられます。

実際にあって営業するわけではなく、SNSなどを利用したプロモーション活動は必要になってきますね。InstagramやTwitterなどを利用して「専用アカウント」」などで運用することで無料で告知することができます。

仕事の請け負うために必要なツール

  • Twitter
  • Instagram
  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ 

上記5つは完全に無料でツールとして使用することができるため、インストールしておいて間違いはありません。まずは月収3万円から目指すことをスタートしてみましょう。

LP(ランディングページ)で仕事を請け負う決まる

オンラインでの仕事を受注するためにはLP(ランディングページ)によって決まります。これは仕事を依頼する人がより良い「サービス」を選んでいることがあげられます。
詳しく見ていきましょう。

LPとは、ランディングページ(Landing Page)のことで、直訳すると「(訪問者が)初めに着地するページ」のことです。 広義の意味では、リンクやWeb広告、検索エンジンなどから流入してきたユーザーが最初に閲覧するWebページ全般を意味します

ワンマーケティング

依頼されるLPを作れるかチャレンジしてみる

ランディングページは個性がそのまま伝わってしまいます。悪くいえば「雑な仕事」をするイメージを与えてしまうこともできます。そのためLPを作成するときには、丁寧な文章を心かけて依頼主(クライアント)が求めれいる不安や悩みを解決できる文章を心掛けましょう。

初心者が仕事を受注するサービスのおすすめは2つあります。クラウドワークスやココナラではTVのCMにもあるように依頼主が多く、仕事を請け負いやすいため初心者でもハードルが低いサービスになっています。

まずは2つのサービスで「依頼される」試してみましょう。

公式サイト:クラウドワークス 公式サイト:ココナラ



フリーランスにくる主な案件とは?単価が高い仕事を選ぶ

カメラ
camera

フリーランスには業種に関係なくさまざまな案件がきます。カフェの集客するための撮影依頼や美容室のYouTube動画の編集までさまざまです。請け負う仕事を選んでしまうと「収入」にもおおきな差が出てしまうため、高単価なものはいくつかご紹介しておきます。


主な案件

  • 結婚式の余興撮影、編集などの依頼
  • 個人店舗(居酒屋、カフェ)などの撮影、編集依頼
  • クリニック、歯医者などのYouTube編集依頼
  • 弁護士や法律事務所などの動画編集依頼
  • 専属YOUTUBERの動画編集依頼



依頼はさまざまですが、動画の撮影や編集になれていない人からの依頼がメインになります。クリニックや法律事務所、結婚式などの依頼は高単価になるために、動画フリーランスになる人は身につけておきたいスキルになります。



独学で動画編集を学ぶデメリットは趣味嗜好になること

動画編集
カメラ

独学で動画を学ぶことは、デメリットがあります。個人の趣味嗜好での「編集」になってしまうためクライアントからの要望に応えられない場合があります。

独学のデメリット

  • クライアントから依頼に応えられない
  • 編集スキルにばらつきが出てしまう
  • 専門知識が乏しくなる




独学で映像を学んでしまうと、偏った編集スキルになってしまうためクライアントからリピートしてもうことが難しくなります。そのためプロのスクールなどで苦手な編集スキルを学んでみるのがおすすめです。

MOVAではフリーランスの動画クリエイターになるための知識や学ぶことができます。またMOVAでは規模の大きい案件にも挑戦できるため、フリーランスとしての自由に仕事をするために必要なことも学べるため独立したり、外注からの仕事のとり方などプロとして活躍するまでバックアップしてくれます。

多少の料金はかかりますが、フリーでの仕事の紹介も行ってくれるため初期投資としてはかなり割安になります。

フリーランスの動画クリエイターになれる学校の無料カウンセリング申込&入校



オンラインサロンで学ぶ

近年ではオンラインサロンなどで動画を学ぶことができますね。YOUTUBERとしても活躍している大川優介さんなどや佐原まいなども動画フリーランスとして有名です。



オンラインサロンは月額のため安価で受講できるほか、最新の情報や「稼ぐためのスキル」やノウハウを学ぶことができ、スキマ時間などを利用して学ぶことができます。

佐原まいさんが運営するオンラインサロンでは、最短1ヶ月で動画編集を身につけることができ完全な初心者でもわかりやすく学べるため20代から40代に人気のYouTuberですね。

学べるスキル

  • Adobeプレミア
  • aftereffect
  • Photoshop

また、月1回のZOOM講義+交流会(不定期セミナー)やサロン生限定コンテンツメディアの運営(creators media) 、転職支援/動画編集案件のご紹介など動画フリーランスになるまでの支援も行っています。

月に1480円(講座受講開始より2ヶ月間無料)なため良心的なサービスなのでこれから動画クリエイターになりたい人はチェックしてみる価値ありです。

公式サイト:最短1ヶ月で動画編集スキルが身につく!【クリエイターズジャパン】



まとめ

いかがだったでしょうか?フリーランスは仕事を好きなときに選べるため時間に追われることがない人気が高い職業ですね。カメラの知識や撮影スキルを学んで、案件をもらうことができればフリーランスとして活躍することも夢ではありません。動画クリエイターとしてフリーで活躍している人も意見を取り入れながら学んでみるのも良さそうです。

ご愛読ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました