【肩幅を広げる】筋肉トレーニング!なで肩改善

筋トレ後の男性筋トレ
アドセンス インフィールド

肩幅のについてコンプレックスがある人向けな記事になりますが。肩幅や骨格は遺伝すると言われています。例えば顔の輪郭などは遺伝子率が非常に高いですね。今回は肩幅を広げる筋肉トレーニングについて種類別に上げて行きたいと思います。骨格を変える事は不可能なので、筋肉でよりよりバランスの取れた肩幅の魅せる筋トレ方法を実際に試して見ました。

こんな悩みにありませんか?

  • 肩幅を広くしたい
  • なで肩を改善したい
  • 大きな背中にしたい

そんな問題を抱えた人向けに記事にしたいと思います。

アドセンス 記事内

肩幅を広げる筋肉トレーニング

肩幅を広げる筋トレには種類別に数多く存在します。肩の厚みや立体感を出す事で大きな肩幅を強調させる要因の1つとも言えます。まずは肩幅を広げる筋肉トレーニングのおすすめの種類についてです。

1サイドレイズ

サイドレイズは肩の1番外側の筋肉になります。1番肩幅を広く見せるのに適しているとも言えます。まずは正しいフォームで筋トレ出来る方法をご紹介します。

【肩トレ】サイドレイズを確実に肩に効かせる方法

2アップライトロー

アップライトローは肩の後ろや首の付け根の部分に筋肉を付けるのに効果的な筋肉トレーニング方法です。肩幅に広さと奥行きの両方のバランスの良さを兼ね備えた筋肉トレーニング方法です。単体だけですと、不自然な筋肉につき方になる為に交互に行うのが効果的と言えるでしょう。

肩のトレーニング アップライトロウ

3フロントレイズ

肩幅をより立体的に見せる為に効果的なフロントレイズ。凛々しい肩を作るために取り込んだ方がいいメニューの一つですね。

肩トレの締めで絶対欠かせない種目

4リアレイズ

三角筋の後部を鍛えるリアレイズ。横から見て厚みのある肩幅に見える為、丸みのある肩を強調できる

肩の後ろを鍛えるリアレイズのやり方と注意点を解説!重量設定まで|【筋トレ】

5ダンベルショルダーブレス

ダンベルショルダーブレスは肩全体を鍛えるトレーニングでとても有効な筋肉トレーニングと言えます。バランスの良い肩幅になる一歩となります

【必殺技】※肩にうまく効かせられない人は絶対みてください

肩まわりの筋肉

肩まわりのの筋肉は肩幅を広く見せる為に知って置くべき部位の名前があります。しっかり効かせた筋肉トレーニングには肩幅が広くなる仕組みもインプットして記憶する方が筋肉トレーニングする上でより効果を発揮させやすいです。

ある程度の知識や経験値からでより短期間で改善出来ます。なで肩の場合にもどこの筋肉を鍛えてトレーニングしていけばいいかなどしっかり把握しましょう。

肩まわりの筋肉の相性と名前

肩のイラスト

ウエストを絞る事で肩幅が広く見える

肩幅が広くてもウエストが広いとバランスが悪く見た人のイメージが太ってる人のイメージに繋がってしまいます。大事なのはシルエットが重要です。肩幅が狭い人のデメリットは、洋梨体型見えがちなので、しっかりとメリハリのある筋肉を意識しなくてはなりません。

洋梨体型とは?

なで肩といかり肩

肩にコンプレックスがある人はなで肩といかり肩の悩みが数多く存在します。なで肩は筋肉や着る洋服である程度の印象を変える事が出来ます。しかしいかり肩の場合、骨格によるコンプレックスなので夏場の服装ではより目立ってしまいます。この場合、体脂肪率の調整がおすすめです。体脂肪率を上げることで丸みを出す事が可能です。

体脂肪別のイラスト:参考記事

体脂肪率の男性

肩凝りの解消

肩周りの筋肉を付ける事で肩幅の改善や筋肉トレーニングをする際のメリットは肩凝りの解消にも繋がります。筋肉量を増やし血行の改善を促し促進させます。日々の事務作業や偏った作業をすると年齢と共に血流が悪くなり肩凝りの原因になります。肩幅を広げる筋肉トレーニングをするだけで1日スッキリした朝を迎えられます。

肩凝りの筋トレ:公式ストレッチポール引用

筋トレは健康意識

筋トレブームのアメリカからやっと、近代になりブームに近づいてきた日本ですが、健康意識の高まりから筋肉トレーニングをはじめた人も増えて来ました。肩幅の広い欧米人は火付け役となったハリウッドスターなどの影響をも強いと感じられます。

医療が発達し、高齢寿命が高い先進国の日本で最後はやはり体力や健康管理と言った概念があるかもしれません

これからも若い世代から高齢者まで日常的に運動する習慣が増えてきました。

足のむくみや肩凝り 女性の悩みこそ筋トレで解消:引用 日本経済新聞

ジムに通うなら市営ジムがおすすめ。

まとめ

人それぞれですが少なからず、コンプレックスは抱いているもの。小さな努力の積み重ねで見違えるくらいに自分を褒めてることが筋トレです。肩幅の狭さだったり足の太さだったりは筋肉トレーニングでほぼ解決出来ますしダイエット等でも比較的簡単に改善出来ます。大切なのはやる気と継続率ですね。

筋トレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました