【2020】日本人がお金を使わない時代「若者」

お金を払うこれからの日本
アドセンス インフィールド

2020年には若者はなぜ浪費を避けるのか?東京オリンピックで景気回復を狙うも新型コロナウイルスの影響もあり、開催中止の損益も30兆円となる見込み。今回は日本がお金を使わない理由を探っていきます。

アドセンス 記事内

【2020年】日本人がお金を使わない時代と経済の変化

令和になり2020年と言う節目の年でなぜ日本はお金を使わない国民が増えるか?

少なからず高級思考の考え方は少しずつ減少傾向していきます。なぜなら世帯年収が減り続けている経済です。

ブランドや高級車などのハイブランドなどの富裕層的な考え方を目指す人が減ってきています。では若者はどんなことにお金を使うのか?

答えは貯金です。

洋服は安く揃え外食はコスパ重視

近代ではGUやユニクロと言った大手のカジュアルな服装のコーディネートのが需要が高まってきました。コストも安く、お洒落であるので理由の一つです。それに伴って、外食する人も低予算での考え方が増えてきています。

全身UNIQLOが1番カッコいい理由
全ては賃金の低下

今までの賃金水位をTwitterの投稿から抜粋します。

主要先進国の賃貸推移

2020年の日本は過去10年以上日本は伸びていないんです。

2020年日本人がお金を使わない時代がもうすぐそこにきています。

グローバルに対応できない日本の文化

日本人の文化にはデメリットが多く存在します。京都や北海道など世界各地から「観光名所」では有名なブランド価値が高い一方で、グローバルの経営方針に対応できないポイントがあげられます。

2020年はグローバル化で格差が産まれる!?ホリエモンが不動産をおすすめする国は?【NewsPicksコラボ】

グローバル視点に切り替えができない場合、中間所得者の収入が減り続けます。海外投資家からみる日本の魅力が半減しています。

20年間の人口減少の日本のダメージ

実際に20年間日本の人口が減り続けています。これから先も女性の平均年齢が50歳になります。

「日本の若者に消費させるのがこれほどまでに難しいのはなぜ?」

日本の人口が減る=日本の消費者が減る、食べ物など物を買う人が減る。

会社やお店の売り上げが下がる=従業員の給料が減る。そして物を買わなくなる。この悪循環のループに陥っている。

給料は下がり続け物の値段が高騰する

2020年に消費税の増税、8%から10%に引き上げられました。SankeiBizの記事によると日本の「低賃金の暮らしにくい国」に墜ちた真相のツイートがある。日本人の賃金は20以上下がり続けている。消費税の増税と年金や医療費の上昇、これも人工の減少が背景にあります。

少子化問題

2019年の出生数が「90万人」割れとなった。政府の推計よりも2年早く推移を割ってしまった。固魂ジュニア世代の晩産化の影響で一時的に改善されたがそれからは下がり続ける一方になります。

日本の政府の対策では大きな変化がみられない。日本の大衆は日本政府の少しの対策では実際に行動に移さないことが明確になりました。

大きな対策を取らないと今の若者の将来が不安になるのもいがめない。


まとめ

日本の若者はこれから海外進出する人が増える。理由は個人で身に付けるスキルが高まり優秀な人材が海外で活躍したい若者層が増えたためだ。

日本の暗い未来が不安な人は海外で仕事をしながら学ぶ機会を増やし、体験やスキルを価値に変える事が必要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました